発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 中国切手

中国切手

中国切手
中国切手とは、1949年の中華人民共和国建国以降に中国で発行された切手のことであり、正式には「新中国切手」と呼びます。
近年の中国では裕福層を中心に切手の収集ブームが起きているため、中国切手の価値が上昇し、切手の相場価格も高騰してきています。
中国国内で手に入らない希少な切手を求めて、日本にやって来る中国人収集家も多いようです。そのため、偽物の中国切手も数多く出回っていますので、中国切手を買取する場合は注意が必要です。

もしお手元に中国切手をお持ちであれば、今が売りどきかもしれません。どのくらいの価値になるのか一度調べておくのも良いかもしれませんね。
その時はちゃんと価値の分かる専門の査定員のいる買取専門店を選んでください。せっかくの高価買取可能な切手も価値がわからなければ残念な買取額になってしまう可能性も・・・

私のおすすめは専門の査定員がいて無料査定をしてくれる「ウルトラバイヤープラス」さんです。
なっとくの査定額を提示してくれました。

■全国の切手買取専門 ウルトラバイヤープラス

たくさんの買取専門店の中からなぜウルトラバイヤープラスさんを選んだか・・・
詳しくはブログでご紹介してますのでぜひご覧ください。

中国切手 一覧

動物シリーズ

動物シリーズ
中国切手には動物が図柄になっているシリーズが多くあります。有名なシリーズはジャイアントパンダのシリーズで、現在でも中国で発行されています。そのほかにも有名なシリーズとして年賀用の干支シリーズがあり、中でも1980年発行の「赤猿」は、特に切手の価値が高く、切手の買取市場では高額で売買されています。赤猿の買取相場は未使用の状態で、1枚100,000円ほどにもなり、80枚入りのシートの状態では、8,000,000円から10,000,000円で買取されるケースもあります。

高額切手

高額切手
中国切手は高額な切手が数多くありますが、中でも「全国の山河赤一色」、「梅蘭芳(メイランファン)舞台芸術小型シート」、「延安「文芸講話」発表25周年」などはとてつもない価値があり、一般の切手の買取市場では取り扱っていないほどです。これらの高額切手が1枚でもお手元にあれば、楽に土地つきの家が建てられるかもしれません。もしもお手元に中国の古い切手をお持ちならば、切手の買取の専門業者に鑑定を依頼し、現在の相場価格を知っておいたほうがいいでしょう。

文化大革命

文化大革命
化大革命切手とは、1966年に始まり1977年に終結宣言が出された中国の文化大革命時代に発行された切手を指します。図柄としては毛沢東首席が描かれたものが多く、「毛沢東の長寿を祝う」、「毛沢東の最新指示」、「天安門」などが有名です。文化大革命時代の切手は非常に切手の価値が高く、切手の買取市場での相場価格は、1枚数10万円以上になります。もしもお手元に毛沢東首席が描かれた切手をお持ちなら、早急に専門の買取業者に切手の価値を鑑定してもらうことをおすすめします。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ