発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME >

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご) 国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)2 相場価格1〜499円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成6年 1994年(1990年代

若衆が遊ぶ様子を描いた『士女遊楽図屏風』。屏風に描かれているのは桃山時代から江戸時代初期にかけて流行した「遊楽図」と呼ばれる風俗画で、当時行われていた遊びを知ることが出来る資料的価値の高い作品です。切手には『双六(90円)』『将棋(110円)』『囲碁(130円)』の3種類の絵が採用されており、それぞれ鮮やかな色彩と生き生きとした臨場感を楽しむことが出来ます。平均買取相場はそれほど高くない古切手ですが、未使用美品やシートの場合ならば額面以上の買い取り価格が期待できます。

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ)

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ) 相場価格1〜499円500〜999円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物植物景色
発行年度平成8年 1996年(1990年代

尾形光琳作『四季草花図小屏風』と葛飾北斎作『冨嶽三十六景』の二種連刷グリーティング切手。それぞれ90円・110円・130円の3額面が発行されたため、平成8年の国際文通週間には実質6種類の記念切手が発行されていることになります。屏風の各曲を切り取った四季草花図と富士の雄大さが楽しめる冨嶽三十六景の対比が面白いシートです。これらの切手はどの額面も比較的高い価値での売買がされており、破れや劣化のないものなら額面以上の価格での買い取りが期待できるでしょう。

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき) 国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成3年 1991年(1990年代

平安時代末期に作られた絵巻物『伴大納言絵巻(伴大納言絵詞)』。応天門の変と言う政治事件がモチーフとなった作品で、作者は年中行事絵巻や吉備大臣入唐絵巻などを手掛けた常盤光長だと言われています。額面で使用されている絵が変えてあり、80円切手には上巻の「宮中から応天門の炎を見る人々」を、120円切手には下巻の「連行されてゆく主人伴大納言を見送る家人たち」が採用されています。レアリティが同程度なので、額面による買取価格差はそこまで大きいものではありません。ただし保存状態によって査定額は大きく変わってくるので、他の切手と同じく丁寧な保管を心がけましょう。

国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」

国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」 国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」2 相場価格1〜499円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型その他の色
発行年度平成7年 1995年(1990年代

平成7年の国際文通週間記念切手には、前年に引き続き遊楽図をテーマとした図柄が採用されています。それぞれ『正月風俗図屏風・貝合せ(90円)』『月次風俗図屏風 羽根突(110円)』『松浦屏風(婦女遊楽図屏風) かるた(130円)』の3額面が発行されており、作風の違いや当時の風俗を見ることが出来る興味深いシリーズ構成となっています。小額面かつ比較的新しい切手のためそれぞれの買い取り価格に大きな差はありませんが、状態の良いものかつ3種類セットで売却する場合は相場が少し上がる傾向にあります。

国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな)

国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな) 相場価格1〜499円
切手額面150円(100円〜499円
デザイン縦型人物その他のモチーフ
発行年度昭和62年 1987年(1980年代

国際文通週間「人形シリーズ」切手の最後を飾るのは、重要無形文化財「衣裳人形」保持者である平田郷陽の遺作『宴の花』です。着物姿で鼓を打つ美しい少女がまさに生き人形さながらの高い技術で表現されています。楚々とした印象に凛とした表情・優美な仕草など、郷陽の集大成とも言える技術と表現力が詰まった傑作と言えるでしょう。買取相場は1枚あたり40円~250円程度、古切手の中では比較的ポピュラーなため買取額はごく平均的な価格になっています。劣化の有無により買い取り査定額に違いが出てくるので、丁寧な保管を心がけることが高額買取には必須です。

国際文通週間 1984 瀞(こくさいぶんつうしゅうかん 1984 どろ)

国際文通週間 1984 瀞(こくさいぶんつうしゅうかん 1984 どろ) 相場価格1〜499円
切手額面130円(100円〜499円
デザイン縦型その他の色人物その他のモチーフ
発行年度1984年 昭和59年(1980年代

日本画家から衣装人形作家に転じ、人間国宝に認定された堀柳女の代表作『瀞』。彼女は平田郷陽や鹿児島壽蔵らと並ぶ人形作家として数多くの傑作を残し、「人形作品を芸術の位置に高めた人物」として現在でも知られています。『瀞』は奈良飛鳥時代を思わせるエキゾチックな衣装や切れ長の目が印象的な作品で、女性的なラインや表情の表現が見事な逸品です。発行部数も多かったため希少価値は低めですが、シミや汚れのない未使用品ならば額面以上の買い取りが期待できる切手です。

桜洋紙カナ無し(さくらようしかななし)

桜洋紙カナ無し(さくらようしかななし) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面4銭、30銭(1銭〜99銭
デザイン縦型
発行年度明治7年 1874年(1870年代

桜切手の洋紙カナ無しバージョンです。使用されている素材が脆く変色しやすい和紙製から丈夫かつ紫外線に強い洋紙に変わっています。額面には4銭と30銭があり、30銭の方は当時の切手としてはかなりの高額面になるので現存数が少なく市場でもほとんど見ることがありません。4銭のものは比較的出回っている数が多く、状態の程度により買取価格にかなりの幅があります。劣化の少ない美品の場合は使用済みでも高い買取額が期待できるので、日焼けや虫食いを避け細心の注意を払った保存をおすすめします。

昭和すかしなし切手 電気炉100円(しょうわすかしなしきって でんきろ 100円)

昭和すかしなし切手 電気炉100円(しょうわすかしなしきって でんきろ 100円) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面100円(100円〜499円
デザイン縦型人物
発行年度昭和27年 1952年(1940年代

「産業図案切手」の図案をそのまま流用した「昭和透かしなし切手」の一枚です。電気炉の前で製鋼作業に励む作業員が描かれた絵は、1949年に発行されたものと全く同じ図案が使用されています。こちらの切手は透かしなし/あり関係なく現存数が少ないため、買い取り相場が高騰しているレアな一枚。特にシミや汚れの少ない未使用美品の場合は10万円に近いようなプレミア価格がつくこともあるので、売却を検討する際には正しい鑑定知識を持った専門店にお願いすることが重要です。

産業図案切手 100円 電気炉(さんぎょうずあんきって 100えん でんきろ)

産業図案切手 100円 電気炉(さんぎょうずあんきって 100えん でんきろ) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面100円(100円〜499円
デザイン縦型人物
発行年度昭和24年 1949年(1940年代

戦後間もない頃に日本の復興のために作られた「産業図案切手」シリーズの中の一枚「電気炉」。製鋼作業のために電気炉で働く人の姿を捉えた図案が使われており、一色刷りながらも臨場感溢れる仕上がりとなっています。産業図案切手は複数の種類が発行されていますがこちらは現存数が少ないため希少価値が高く、未使用の美品の場合ですと5万円を超える買い取り額が付くこともあります。たいへんレアなプレミア品なので、もし手持ちにあると言う場合はラッキー。大事にしたいお宝切手です。

飛行郵便試行 第一コーナー田型(ひこうゆうびんしこう だいいちこーなーたがた)

飛行郵便試行 第一コーナー田型(ひこうゆうびんしこう だいいちこーなーたがた) 相場価格100,000〜499,999円
切手額面3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度大正8年 1919年(1910年代

日本で初めて郵送のための飛行機を思考させたことを記念して作られた「飛行郵便試行」の記念切手。離着陸地である東京・大阪でしか販売されていなかったため希少性が高く、単片での買取相場も非常に高騰している逸品です。シート左上側の2×2枚分(使い始めにあたる部分)のことを「第一コーナー田型」と呼びますが、この部分は特に珍重される部分。バラになっていないものは出回っている数が非常に少ないため数十万以上の価値を持つ、プレミアシートとして扱われています。

1 2 3 4 5 9
おすすめ記事
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ