発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 乗り物

乗り物

歌川広重 「東海道五十三次 桑名」(うたがわひろしげ とうかいどうごじゅうさんつぎ くわな)

歌川広重 「東海道五十三次 桑名」(うたがわひろしげ とうかいどうごじゅうさんつぎ くわな) 相場価格500〜999円
切手額面30円(1円〜49円
デザイン横型景色乗り物
発行年度1959年(1950年代

『東海道五十三次』の中に出てくる42番めの宿場である桑名。桑名湊に浮かぶ船と桑名城の対比が、歌川広重ならではの緩急ある筆致で見事に表現されています。夕焼けを背景に多くの人が乗った船が港に入っていくと言う温かみのある作品です。こちらの切手の買取相場についてですが、前年に発行された『京師』に比べて価格がかなり上がっています。バラでの価値もなかなかですが、シートの場合はより買い取り価格がアップします。美品か並品かも大きく売値が変わってくるので、保管方法の見直しや正しい方法でのクリーニングで出来る限りの高額買取を目指しましょう。

昭和天皇 御即位御大礼奉祝花電車 (しょうわてんのうごそくいごたいれいほうしゅくはなでんしゃ)

昭和天皇 御即位御大礼奉祝花電車 (しょうわてんのうごそくいごたいれいほうしゅくはなでんしゃ) 相場価格1〜499円
切手額面その他
デザイン乗り物
発行年度1928年(1920年代

昭和大礼に発行された記念絵葉書。記念式典の際によく運行されたという豪華な装飾が施された電車を題材としています。6種発行された全て花電車を描いたものになっています。花電車は絵葉書として人気な題材だったようで、大正時代からたびたび写真の絵葉書などが発行されています。絵葉書の鮮やかさが程良く残っていれば買取に有利になるかもしれません。売り時や買取先を見極めたいのであれば、それまでの絵葉書の保管の質も重要になります。

大東亜戦争第一周年記念 5+2銭(だいとうあせんそうだいいっしゅうねんきねん ごぷらすにせん)

大東亜戦争第一周年記念 5+2銭(だいとうあせんそうだいいっしゅうねんきねん ごぷらすにせん) 相場価格1〜499円
切手額面5銭+寄付金2銭(1銭〜99銭
デザイン乗り物
発行年度1942年(1940年代

真珠湾攻撃を題材とした2銭の寄付金が付いた切手です。同時に発行された2種のうちの金額の高い方がこの切手となります。大東亜戦争に関連した発行物は切手の他にも絵葉書などがあります。また切手と同時に記念スタンプも使用されました。これらのものが一緒に揃ってることでコレクションとしての価値になる可能性もあります。ある意味歴史資料でもあるので、のちに買取ってもらうことも考慮して切手の保管の際のヤケなどには気をつけましょう。

愛国切手 4+2銭(あいこくきってよんぷらすにせん)

愛国切手 4+2銭(あいこくきってよんぷらすにせん) 相場価格1〜499円
切手額面4銭+寄付金2銭(1銭〜99銭
デザイン乗り物
発行年度1937年(1930年代

日本初めて発行された寄付金付き切手は色違いの3種のもので、それぞれに2銭の寄付金がつけられました。日本アルプスの上空を飛ぶダグラスDC-2型機の絵図に愛国の文字が刻まれています。この寄付金は軍備を増強するためのものです。比較的多く出回ったようで高値で買い取ってもらうのは難しいでしょう。シートなどで所持するものを換金するにしても切手の保存状態は良いものが望まれます。

愛国切手 3+2銭(あいこくきってさんぷらすにせん)

愛国切手 3+2銭(あいこくきってさんぷらすにせん) 相場価格1〜499円
切手額面3銭+寄付金2銭(1銭〜99銭
デザイン乗り物
発行年度1937年(1930年代

日本初めて発行された寄付金付き切手は色違いの3種のもので、それぞれに2銭の寄付金がつけられました。日本アルプスの上空を飛ぶダグラスDC-2型機の絵図に愛国の文字が刻まれています。このころは切手の他にハガキなども寄付金付きで販売されていたようです。こういったハガキ、もしくは消印とセットでコレクションとしての価値が出る場合もありますので、いずれ買取してもらうことも考慮して切手の管理には気を付けましょう。

軍隊の日 急降下爆撃機(きゅうこうかばくげきき)

軍隊の日 急降下爆撃機(きゅうこうかばくげきき) 相場価格1〜499円
切手額面25+15ペニヒ(1円〜49円
デザイン横型乗り物
発行年度1943年(1940年代

ドイツにて「軍隊の日」と戦没者慰霊に合わせて全12種類の軍事切手の中の一枚です。爆弾を投下するユンカースJu87を描いています。ちなみにこの切手はシリーズ第一弾のもので、翌年1944年にも第2弾としてドイツ軍の戦いを題材として13種類の切手が発行されています。いわゆるプレミア切手とはなりませんが、古い切手ですのでいざ売るときになるべく高額で買取ってもらうためには、綺麗な状態で保管されていると良いでしょう。

大東亜戦争第一周年記念 2+1銭(だいとうあせんそうだいいっしゅうねんきねん 2+1せん)

大東亜戦争第一周年記念 2+1銭(だいとうあせんそうだいいっしゅうねんきねん 2+1せん) 相場価格1〜499円
切手額面2銭+寄付金1銭(1銭〜99銭
デザイン乗り物
発行年度1942年(1940年代

バターン半島にて戦車で進撃する日本軍の様子を描いたこの切手は、日本がアメリカ・イギリスに対して宣戦布告をしてからちょうど一年となったことを記念して発行された切手の一つです。同時に発行された2種のうち金額の低い方の切手になります。古い切手ではあるものの、通常の未使用切手で売っても高額買取は難しいようです。しかし大量にあるものなどを換金するつもりであれば保存状態は重要なので大事に管理したいものです。

愛国切手 2+2銭(あいこくきって2+2せん)

愛国切手 2+2銭(あいこくきって2+2せん) 相場価格1〜499円
切手額面2銭+寄付金2銭(1銭〜99銭
デザイン乗り物
発行年度1937年(1930年代

2銭の寄付金が付いた切手。日本で最初に発行された寄付金付き切手のうちの一つです。同時に発行された3種類全てに日本アルプスの上空を飛ぶダグラスDC-2型機がデザインされ、この赤色のものは額面2銭として利用するものになっています。この募金は国内各地への飛行場整備のための基金の募るものでした。高額買取は難しい切手かもしれませんが、歴史を示す資料としての価値もあるので、いざ売るときのためにもできるだけ良い状態で保管しておくのが良いでしょう。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で切手買取の専門家が無料査定!!
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ