発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 普通切手

普通切手

普通切手

普通切手 一覧

1〜100円

1〜100円
普通切手に価値があるのだろうかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、古い切手には意外なほど価値があります。 切手の価値はコレクターにしかわからないかもしれませんが、例えば1円切手の前島密柄は発行された年代によって、切手の買取相場が大きく違います。1951年4月発行の前島密柄の1円普通切手は、翌年に発行されたものの10倍の価値があると言われています。
子どものころに切手収集に夢中になった方などは、改めて昔集めた切手の価値を調べてみると、実は大きな財産かもしれませんね。
もしお手元にあるならば、価値のわかる査定員がいる買取専門店に査定をお願いしてみたらいかがでしょうか?
私がいつも利用するウルトラバイヤープラスさんは、切手の価値を理解した専門の査定員の方がいらっしゃるのでなっとくの査定額を提示してくれました。
また査定は無料なので気軽に問い合わせることができますよ。

■全国の切手買取専門 ウルトラバイヤープラス

120〜1000円

120〜1000円
額面価格が120円から1,000円までの切手を使うことはあまりありませんが、この切手の価格帯は非常に珍しい切手が数多くあります。例えば、未使用の産業図案切手の電気炉柄100円の場合、切手の買取相場では23,000円の価値があります。同じく未使用の産業図案切手機関車製造図柄500円の場合は21,000円です。このように希少価値がある切手は、切手の額面の230倍もの価値があるのです。もしも切手の売却をお考えなら、1度専門の切手の買取業者にあなたの切手の価値を鑑定してもらうといいでしょう。

弔事・慶事

弔事・慶事
切手には弔辞用の切手と慶事用の切手があるのをご存知ですか。慶事用の切手は結婚式の招待状などに使い、弔事用の切手は喪中の案内などに使います。普通切手の絵柄は1つの金額に1つの絵柄ですが、弔事用と慶事用の切手に限り、それぞれのシーンにふさわしい絵柄が何種類か用意されています。慶事用の場合ですと、おめでたい松、竹、梅といった絵柄などです。このような特別な場合にしか使えない切手が余ってしまった場合には、切手の買取業者に鑑定してもらい、切手の価値や切手の買取相場を知った上で、適正な業者に買い取ってもらうのもいいでしょう。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ