発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 100円〜499円

100円〜499円

My旅切手シリーズ(シール式)(まいたびきってしりーず)

My旅切手シリーズ(シール式)(まいたびきってしりーず) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面82円x5枚、120円x2枚(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型
発行年度2017年4月14日(2010年代

My旅切手シリーズは、大仏、長谷寺、電車と海、富士山と海、明月院、鶴岡八幡宮、人力車が描かれています。

ちょっと変わった趣向で、観光地を旅先で見つけた自分の風景を表現しながらその地域の生活文化や特産品などを取り入れています。

この商品は封筒は2枚と一筆箋が2枚、大仏型カードが2枚も切手と一緒に含まれており、レアな部類に入ると言えるでしょう。

国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)

国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが) 国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型その他の色動物
発行年度平成2年 1990年(1990年代

日本最古の漫画と言われ、そのコミカルで可愛らしいタッチが今なお多くの人から愛されている『鳥獣人物戯画』。1990年国際文通週間記念切手に採用されたのは、その中でも特に有名な甲巻からの一シーンです。こちらの切手は80円・120円と2種類の額面が発行されており、絵柄は同じですが目打ち部分の色を変えることで区別がつけてあります。どちらも人気が高く出回った数が多いため希少価値はそれほど高くありませんが、状態が良い美品の場合は比較的安定した買取価格を推移している切手です。

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご) 国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)2 相場価格1〜499円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成6年 1994年(1990年代

若衆が遊ぶ様子を描いた『士女遊楽図屏風』。屏風に描かれているのは桃山時代から江戸時代初期にかけて流行した「遊楽図」と呼ばれる風俗画で、当時行われていた遊びを知ることが出来る資料的価値の高い作品です。切手には『双六(90円)』『将棋(110円)』『囲碁(130円)』の3種類の絵が採用されており、それぞれ鮮やかな色彩と生き生きとした臨場感を楽しむことが出来ます。平均買取相場はそれほど高くない古切手ですが、未使用美品やシートの場合ならば額面以上の買い取り価格が期待できます。

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ)

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ) 相場価格1〜499円500〜999円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物植物景色
発行年度平成8年 1996年(1990年代

尾形光琳作『四季草花図小屏風』と葛飾北斎作『冨嶽三十六景』の二種連刷グリーティング切手。それぞれ90円・110円・130円の3額面が発行されたため、平成8年の国際文通週間には実質6種類の記念切手が発行されていることになります。屏風の各曲を切り取った四季草花図と富士の雄大さが楽しめる冨嶽三十六景の対比が面白いシートです。これらの切手はどの額面も比較的高い価値での売買がされており、破れや劣化のないものなら額面以上の価格での買い取りが期待できるでしょう。

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき) 国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成3年 1991年(1990年代

平安時代末期に作られた絵巻物『伴大納言絵巻(伴大納言絵詞)』。応天門の変と言う政治事件がモチーフとなった作品で、作者は年中行事絵巻や吉備大臣入唐絵巻などを手掛けた常盤光長だと言われています。額面で使用されている絵が変えてあり、80円切手には上巻の「宮中から応天門の炎を見る人々」を、120円切手には下巻の「連行されてゆく主人伴大納言を見送る家人たち」が採用されています。レアリティが同程度なので、額面による買取価格差はそこまで大きいものではありません。ただし保存状態によって査定額は大きく変わってくるので、他の切手と同じく丁寧な保管を心がけましょう。

国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」

国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」 国際文通週間 1995年「正月風俗図屏風 貝合せ」「月次風俗図屏風 羽根突」「松浦屏風 かるた」2 相場価格1〜499円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型その他の色
発行年度平成7年 1995年(1990年代

平成7年の国際文通週間記念切手には、前年に引き続き遊楽図をテーマとした図柄が採用されています。それぞれ『正月風俗図屏風・貝合せ(90円)』『月次風俗図屏風 羽根突(110円)』『松浦屏風(婦女遊楽図屏風) かるた(130円)』の3額面が発行されており、作風の違いや当時の風俗を見ることが出来る興味深いシリーズ構成となっています。小額面かつ比較的新しい切手のためそれぞれの買い取り価格に大きな差はありませんが、状態の良いものかつ3種類セットで売却する場合は相場が少し上がる傾向にあります。

国際文通週間 1993年 三十六歌仙絵 紀貫之像/小大君像(さんじゅうろっかせんえ きのつらゆきぞう/こおおきみぞう)

国際文通週間 1993年 三十六歌仙絵 紀貫之像/小大君像(さんじゅうろっかせんえ きのつらゆきぞう/こおおきみぞう) 国際文通週間 1993年 三十六歌仙絵 紀貫之像/小大君像(さんじゅうろっかせんえ きのつらゆきぞう/こおおきみぞう)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型その他の色人物
発行年度平成5年 1993年(1990年代

平成5年に発行された国際文通週間記念切手には『三十六歌仙絵巻』の二肖像が採用されています。80円切手には『上畳本三十六歌仙絵 紀貫之像』が、120円切手には『佐竹本三十六歌仙絵 小大君像』が使われました。どちらも現代の印刷技術によって鮮やかかつくっきりとした再現がなされ、細かなニュアンスを楽しむことができる一枚となっています。買取相場は1枚あたり10円~190円と、使用済みの場合はあまり高い買取価格は期待できませんが、状態の良い未使用品の場合は額面以上の価格で買い取ってもらえることが多い切手です。

国際文通週間 1989 源氏物語絵巻より竹河(げんじものがたりえまきよりたけかわ)

国際文通週間 1989 源氏物語絵巻より竹河(げんじものがたりえまきよりたけかわ) 相場価格1〜499円
切手額面120円(100円〜499円
デザイン横型その他の色人物
発行年度平成元年 1989年(1980年代

1989年の国際文通週間記念切手には、源氏物語絵巻の一遍『竹河』の絵柄が採用されました。竹河はそれまでの源氏物語では多く見られる恋愛的な要素は控えめで、母となった玉鬘(夕顔の娘)が家の復興のために奔走すると言う異色の内容となっています。切手になった絵巻図は玉鬘の姫君の侍女たちが坐って桜を見ているという、非常に華やかな様子が描かれた一枚です。こちらの古切手は比較的新しい部類に入るため平均買い取り価格は1枚あたり150円~190円とあまり高くありませんが、汚れやシミがないものの場合は相場より高い価値で売れることがあります。

国際文通週間 1988 三世市川高麗蔵の佐々木巌流(さんせいいちかわこまぞうのささきがんりゅう)

国際文通週間 1988 三世市川高麗蔵の佐々木巌流(さんせいいちかわこまぞうのささきがんりゅう) 相場価格1〜499円
切手額面120円(100円〜499円
デザイン縦型その他の色人物
発行年度昭和63年 1988年(1980年代

『岩井粂三郎の千代』と共に同年発行された歌川豊国作『三世市川高麗蔵の佐々木巌流』の切手です。歌川豊国は浮世絵の中でも役者絵を得意とし、数多くの佳作を残しています。歌舞伎演目「敵討巖流島」の中の登場人物・佐々木巌流を演じる三代目市川高麗蔵が迫力たっぷりに描かれたこちらの作品。平均買取価格はほどほどですが、人気で売買も盛んに行われている切手ですので美品やシートでの買い取りの場合の売値は悪くないと言えるでしょう。

国際文通週間 1982 遊楽(ゆうらく)

国際文通週間 1982 遊楽(ゆうらく) 相場価格1〜499円
切手額面130円(100円〜499円
デザイン縦型人物その他のモチーフ
発行年度昭和57年 1982年(1980年代

1982年から1987年までの国際文通週間では、「日本人形」をテーマとした切手が発行されていました。初回に採用されたのは衣装人形の第一人者である平田郷陽の作品『遊楽』です。彼の作品は「生き人形」と呼ばれるほどのリアルさが持ち味。木で作られた滑らかな線はまるで本物の少女であるかのような存在感を浮き立たせています。古切手の中では比較的ポピュラーかつ新しい部類に入るもののため買取額は一般的な価格になっています。保存状態の良し悪しにより買い取り査定額に違いが出てくるので、丁寧な保管が高額買い取りのポイントです。

高価買取「値段だけ知りたい!」でも大歓迎!最短15分で切手買取の専門家が無料査定!!
1 2 3
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ