発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > その他

その他

竜文切手(りゅうもんきって)

竜文切手(りゅうもんきって) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面48文、100文、200文、500文(その他
デザイン正方形その他の色
発行年度明治4年 1871年(1870年代

「竜文切手」は日本で最も古い切手です。その名の通り飾り枠に龍の絵があしらわれたデザインで、和紙製であることも手伝い高級感がありますね。デザインを手掛けたのは太政官札(紙幣)の図案も担当していた松田緑山と言う名の彫刻師。当時はまだ江戸時代の通貨単位が用いられていたため、額面単位は「文」となっています。また額面には四十八文(写真)・百文(青色)・二百文(赤色)・五百文(緑色)の4種類があり、使用されている図案は同じですが色で違いがつけてあります。日本最古の古切手と言うことでそのプレミア価値は相当なもの。オークションなどでも出回ることが少ないため、状態の良い美品の場合は大変な高額買い取りが期待できるお宝的存在です。

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん)

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面8元(その他
デザイン縦型その他の色その他のモチーフ
発行年度昭和58年 1978年(1970年代

文化大革命後に初めて行われた全国科学大会(1978.3)を記念して製造された「全国科学大会記念切手(J25)」です。会議のマークや原子力マークが使用されたデザインになっており、全3種類が発行されました。こちらの切手は単片の場合は数100円程度の買取額しかつきませんが、3枚セットの小型シートになった途端に希少価値が上がり大変なプレミア切手として扱われます。また初日カバー(切手発行日当日の消印)が付いた物の場合はこれにプラス1万円程度の価値が付加されます。

中国共産党50周年(ちゅうごくきょうさんとう50しゅうねん)

中国共産党50周年(ちゅうごくきょうさんとう50しゅうねん) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面8元(その他
デザイン縦型人物
発行年度昭和46年 1971年(1970年代

中国共産党50周年を記念して発行された記念切手(革4)。景勝・建造物を描いた6枚と中国人民が描かれた3枚綴りのものをあわせて計9枚の図案が発行されています。当時は切手の収集が禁止されていたため現在まで残っているものが少なく、美品のものの場合はかなり高額な相場で売買が行われています。単片でもそこそこの買値がつきますが、9種全て揃った状態のものは特にめずらしいため高い買取価格がつくことが多いようです。ただし中国切手は真鷹の鑑定が難しいため、売却を考えている場合は一度プロに見てもらうことをおすすめします。

蝶(ちょう)

蝶(ちょう) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面4元、8元、10元、20元、22元、30元、50元(その他
デザイン縦型
発行年度昭和38年 1963年(1960年代

1963年に発行された「蝶」をモチーフにした切手です(特56)。採用されている蝶は全て中国特産の種であるため非常に見応えがあり、収集家からの人気も高いシリーズです。4元が5種・8元が5種・10元が5種・20元が2種・22元が1種・30元が1種・50元が1種の計20種から成り立っており、全て集めるだけでも一苦労。単片の買取相場は低い推移を辿っていますが、20種全てを集めたセットかつ美品の場合は万単位の買い取り価格がつきやすいコレクターズアイテムとなっています。

天安門図東北貼用(てんあんもんずとうほくちょうよう)

天安門図東北貼用(てんあんもんずとうほくちょうよう) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面250元、500元、1000元、2000元、2500元、5000元、10000元、12500元、20000元、30000元、100000元(その他
デザイン縦型その他の色建物
発行年度1950年~1951年(1950年代

今回ご紹介するのは1950年に発行された天安門図東北貼用です。当時の中国・東北地域には独自通貨が流通しており、他の地域への郵送を行う際には“東北貼用”と呼ばれる特殊な切手を貼ることが求められました。単片のものは多く流通しているこちらの切手ですが、全種(第1版は10種/第2版は12種)揃ったものは非常に珍しく大変高い買取相場での売買が行われています。額面が多岐に渡るためコンプリート収集が大変なシリーズの一つですが、その分プレミア価値が高いアイテムです。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう(しょうねんたちよこどものときからかがくをあいそう)

少年たちよ子供の時から科学を愛そう(しょうねんたちよこどものときからかがくをあいそう) 相場価格500〜999円
切手額面2元、8元、60元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和54年 1975年(1970年代

「少年たちよ、子供のときから科学を愛そう」切手です(T41m)。天体観測や実験、蝶の観察などに励む子供のイラストが描かれたかわいらしい図柄です。この切手には小型シートタイプ(2元)と6種セット(8元5種/60元1種)のシリーズが存在し、小型シートタイプのものは特に出回っている数が少ない非常にレアな逸品です。そのため日本での平均相場が定まっておらず、市場にもほとんど出ることがありません。その分、買取相場は非常に高いものになることが予想できる1枚です。

西湖博覧会絵葉書(せいこはくらんかいえはがき)

西湖博覧会絵葉書(せいこはくらんかいえはがき) 相場価格10,000〜49,999円
切手額面額面なし(その他
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1929年頃(1920年代

1929年に行われた西湖博覧会の様子を写した絵葉書です。免係はがきといって、中国郵政が自然災害や戦争等の地域の通信を無料化するために発行されたもので、発行枚数が少ないため残存するものも非常に少なく、コレクターズアイテムとしてだけでなく歴史的な価値を持った資料としても非常に希少なものとなっています。額面の無い絵葉書ながらも1枚1万円以上の買取価格が付く大珍品。セットでの買い取りの場合は10万円以上の値がつくこともある、プレミア絵葉書です。

農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん)

農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面8元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和44年 1969年(1960年代

1969年に発行された「農村で働く知識青年」の切手です(文17)。文化大革命期の当時の中国では、毛沢東の指導により青少年が農村で肉体労働を行うことを推進されていました。これら一連の活動は「上山下郷運動」と呼ばれ、今回ご紹介する切手も上山下郷運動の一環として発行されていたものです。図柄はそれぞれ「働く青年たち」「試験田で学ぶ青年」「老農民に学ぶ青年」「幼児をみる医療班」の4種が存在しており、希少性はそこそこ高く1枚あたりの買取相場も数千円と高額ですがセットで売却する場合はさらに高い値段での売買が行われています。

毛主席詩詞(もうしゅせきしし)

毛主席詩詞(もうしゅせきしし) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面4元、8元、10元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和42年 1967年(1960年代

詩詞を書く毛沢東と彼が詠んだ詩詞を切手にした「毛主席詩詞切手」(文7)です。こちらは10元が3種・8元が9種・4元が2種のなんと14種類ものシリーズで発行されており、全てが揃っている場合は20~30万もの買取価格が付くとされる大変希少な切手です。単片使用済みの場合はその相場はかなり落ちてしまいますが、未使用であれば1枚からでもなかなかの買取価格が期待できる逸品です。

キューバ革命4周年(きゅーばかくめい4しゅうねん)

キューバ革命4周年(きゅーばかくめい4しゅうねん) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面4元、8元、10元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和38年 1963年(1960年代

カストロとチェ・ゲバラが中心となり繰り広げられたキューバ革命の4周年を記念して作られた切手です(紀97)。当時の中国は外交問題や世界的な人権問題をたびたび取り上げ、プロパガンダ的な立ち位置からこうした切手をいくつか発行しています。キューバ革命4周年記念切手には4元が2種・8元が2種・10元が2種の全6種類の図柄が存在し、使用済み並品単片の場合はあまり高い価値がつかないものの6種全てを揃えた美品の場合はかなり高い買い取り価格がつきます。

1 2
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ