発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 寄附金付切手

寄附金付切手

寄附金付切手
寄付金付切手とは、切手の額面のほかに10円なり20円なりの寄付金を上乗せした金額で販売されている切手です、近年では東日本大震災の義捐金として、「東日本大震災寄附金付」が、80円切手に20円の寄付金を上乗せして、1枚100円で販売されました。寄付金付切手は特殊切手に分類され、希少価値の高いものは価値があり、切手の買取市場での相場価格が高騰しているものも多く存在します。特に戦前に発行された寄付金付切手には価値があります。

寄附金付切手 一覧

愛国切手

愛国切手
愛国切手は、1937年に日本で初めて発行された寄付金付切手で、国内各地に飛行場を整備するお金を集めるために発行されました。デザインは当時の戦争へと突き進んでいる時代背景が反映され、北アルプス上空を飛行するダグラスDC-2型輸送機が採用されています。戦後はGHQにより愛国主義的なものは全て排除されたため、愛国切手も使用できなくなりました。愛国切手は大量に発行されたため、戦前のものとしてあまり飛び抜けるほどの価値は高くなく、買取の相場は、保存状態のいいもので、1枚300円程度となっています。

大東亜戦争第一周年記念

大東亜戦争第一周年記念
大東亜戦争一周年記念切手は、太平洋戦争勃発後の1942年に発行された記念切手です。当時の日本の戦況はまだ暗くなく、太平洋戦争の勃発日は、国家の記念すべき日で、祝うべき日でした。発行された大東亜戦争一周年記念切手には、2銭と5銭の種類があり、それぞれ1銭と2銭という切手の額面の半分近い寄付金が上乗せされています。大東亜戦争一周年記念切手はかなり大量に発行されているため、切手の買取市場での買取相場は、保存状態のいいものでも、150円程度になっています。

オリンピック東京大会募金

オリンピック東京大会募金
オリンピック東京大会募金第一次切手は、1964年の東京オリンピックを開催する基金の募金を目的に1961年に発行されました。オリンピック東京大会募金第一次の寄付額は、額面が5円の切手に対して5円になっています。当時の人たちは通常の倍の値段で切手を手に入れたことになり、オリンピック景気に沸く日本の当時の時勢がしのばれます。オリンピック東京大会募金第一次切手の価値は、近年の切手としては高く、切手の買取市場で人気のある図柄は、やりなげ、飛び込み、レスリングなどです。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ