発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 2010年代

2010年代

春のグリーティング(はるのぐりーてぃんぐ)

春のグリーティング(はるのぐりーてぃんぐ) 春のグリーティング(はるのぐりーてぃんぐ)2 相場価格500〜999円
切手額面80円(50円〜99円
デザイン縦型その他の形植物
発行年度2015年(2010年代

本郵政のキャラクター「ぽすくま」や、桜やカーネーションがデザインされています。桜型に切り取られたシールをメインに春のお手紙に使いやすい切手が用意された切手シートです。140万枚シートと多数発行されていますが、さまざまな用途で使われるためシートとして綺麗に保存しているものは今後価値が出てくる可能性があります。今後の高額買取のことを考えてシートを綺麗に保管しておいて損はないと思います。

夏のグリーティング(なつのぐりーてぃんぐ)

夏のグリーティング(なつのぐりーてぃんぐ) 夏のグリーティング(なつのぐりーてぃんぐ)2 相場価格500〜999円
切手額面82円(50円〜99円
デザイン縦型その他の形その他のモチーフ
発行年度2014年(2010年代

ハローキティ、マイメロディ、ポムポムプリンといったサンリオキャラクターがたくさんデザインされたグリーティング切手。小さな子が手紙のやり取りを楽しめるようにシール式のかわいい切手になっています。切手デザイナーの中丸ひとみによってデザインされており、全国の郵便局などで250万シート発行されています。キャラクターものなのでコレクターには人気があります。将来価値が高まる可能性があるのでしっかりとした保管が今後の買取価格を高めてくれます。

秋のグリーティング(あきのぐりーてぃんぐ)

秋のグリーティング(あきのぐりーてぃんぐ) 相場価格500〜999円
切手額面82円(50円〜99円
デザイン縦型動物
発行年度2014年(2010年代

2012年の「秋のグリーティング切手」から誕生した日本郵政のキャラクター「ぽすくま」がデザインされています。ぽすくまとその仲間たちが手紙やプレゼントを持ってドアから届けたり、封筒から顔を出したり、「贈る」をテーマに楽しいデザインとなって小さな子が手紙のやり取りを楽しめるようにシール式のかわいい切手になっています。全国の郵便局などで250万シート発行されていますが、今後買取価値が上がることをみこして丁寧に保管するのも良いかもしれません。

冬のグリーティング(ふゆのぐりーてぃんぐ)

冬のグリーティング(ふゆのぐりーてぃんぐ) 冬のグリーティング(ふゆのぐりーてぃんぐ)2 相場価格500〜999円
切手額面80円(50円〜99円
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度2014年(2010年代

クリスマスをはじめとした冬の挨拶向けに制作された切手。雪だるまやひつじをクロスステッチ風のイラストに見立て、冬の町の様子が切手デザイナー星山理佳により描かれています。切手シート1枚で一つの物語となっているので、別途切り離さずに綺麗な状態で保管しておくことが価値を保持する良い方法です。200万枚シートと多数発行されていますが、さまざまな用途で使われるためシートを保持しておいて損はないと思います。

ハローキティ 北海道シート(はろーきてぃ ほっかいどうしーと)

ハローキティ 北海道シート(はろーきてぃ ほっかいどうしーと) ハローキティ 北海道シート(はろーきてぃ ほっかいどうしーと)2 相場価格500〜999円
切手額面82円(50円〜99円
デザイン縦型正方形その他の形その他のモチーフ
発行年度2015年(2010年代

ハローキティと牧場をモチーフにしたデザイン切手。北海道の乳牛の放牧風景がイメージされています。北海道内の郵便局などで販売され、販売枚数は10万シートです。北海道でしか買えないということもあり切手額面よりも価値は高くなっています。ハローキティが好きな方の関心や買取もあるので、今後の価値上昇が見込める良いシートといえます。シール式のため、いずれ売ろうと考えているなら保管方法で価値に差のつく切手です。綺麗な保管方法が高額買取へとつながります。

ハッピーグリーティング 92円(はっぴーぐりーてぃんぐ 92えん)

ハッピーグリーティング 92円(はっぴーぐりーてぃんぐ 92えん) ハッピーグリーティング 92円(はっぴーぐりーてぃんぐ 92えん)2 相場価格500〜999円
切手額面92円(50円〜99円
デザイン横型その他の形動物植物その他のモチーフ
発行年度2015年(2010年代

新進気鋭の切手デザイナーの中丸ひとみと玉木明による「カワイイ」と「おめでたい」をテーマにデザインした和テイスト5枚と洋テイスト5枚のセットです。お正月やバレンタインだけでなく、ちょっとお手紙など使えるカワイイ切手が詰まっています。発行枚数は50万シートで、全国の郵便局や日本郵便「切手SHOP」でも販売されていました。この切手はシール式のため湿度や気温をきっちり管理してすることが将来価値が高まったときに高額買取へとつながる良い方法です。

慶事用 52円普通切手 扇面に梅文様(けいじよう ごじゅうにえんふつうきって おうぎめんにうめもんよう)

慶事用 52円普通切手 扇面に梅文様(けいじよう ごじゅうにえんふつうきって おうぎめんにうめもんよう) 相場価格1〜499円
切手額面52円(1円〜49円
デザイン縦型
発行年度2014年(2010年代

主に結婚式招待状の返信用ハガキに使われる切手です。金色の扇に紅梅・白梅が描かれた華やかなデザインになっています。慶事用の切手は結婚式が終わると少々使いづらいため、郵便局で切手やハガキに変えてもらうか切手買取店や金券ショップで換金する人が多いようです。郵便局で交換してもらう際でも約5円の手数料がかかってしまうため、あまり手紙を書かない人の場合は現金に変えられる買取査定に出した方がお得感がありそうです。

慶事用 82円普通切手 扇面に竹文様(けいじよう はちじゅうにえんふつうきって おうぎめんにたけもんよう)

慶事用 82円普通切手 扇面に竹文様(けいじよう はちじゅうにえんふつうきって おうぎめんにたけもんよう) 相場価格1〜499円
切手額面82円(50円〜99円
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度2014年(2010年代

結婚式の招待状を手紙形式で送る際に用いられる切手です。金色の扇に竹文様が描かれており、おめでたい書状にぴったりのデザインとなっています。なお慶事用切手には金額ごとにそれぞれ松・竹・梅の吉祥文様が採用されています。招待状に使うものと言うことで、まとめ買いして大量に余らせてしまうことも多いかと思われる慶事用切手。中途半端な数で余りがちなため買い取りに出すのをためらわれる方が多いですが、売りたい場合は10枚つづりや50枚に仕分けるとシート単位でなくてもそこそこの買取価格が付くのでおすすめです。

慶事用 92円普通切手 扇面に松文様(けいじよう きゅうじゅうにえんふつうきって おうぎめんにまつもんよう)

慶事用 92円普通切手 扇面に松文様(けいじよう きゅうじゅうにえんふつうきって おうぎめんにまつもんよう) 相場価格1〜499円
切手額面92円(50円〜99円
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度2014年(2010年代

金額ごとに松・竹・梅と分かれている慶事用切手の中でも最高額面のものです。結婚式の招待状は用紙の重さの関係で、82円ではなくこちらの92円切手が用いられることも多くあります。金地の扇に描かれた赤と青の松文様が高級感を感じさせますね。招待状を送る際にはかなりの枚数の慶事用切手を購入することになりますが、招待客の増減によって余らせてしまうことも多いかと思います。日常生活では使い処がなかなか無いものなので式後に買い取ってもらえば、お小遣いにもなって一石二鳥。シミや汚れ、枚数が揃っているかで買取査定額が大きく変わってくるので保管にはお気をつけて。

弔事用 52円普通切手 花文様(ちょうじよう ごじゅうにえんふつうきって はなもんよう)

弔事用 52円普通切手 花文様(ちょうじよう ごじゅうにえんふつうきって はなもんよう) 相場価格1〜499円
切手額面52円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色
発行年度2014年(2010年代

仏事をとり行う際の案内はがきや喪中の寒中見舞いなどに用いる弔事用の切手です。忌中に使用するもののため、青・白・灰の3色刷りかつ落ち着いた色味のデザインになっています。こうしたタイプの切手は突然大量に必要になるものですが、まとめ買いしても余らせてしまうことが多いためたびたび買取市場に出てきます。ただし額面が小さいため、バラ売りでの買取査定額にはあまり期待できません。10枚つづりないし50枚ごとの仕分け品、シートで売る場合ですとレートも高くおすすめと言えるでしょう。

1 2 3 4
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ