発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 年賀切手・はがき

年賀切手・はがき

年賀切手・はがき
古い年賀切手や年賀はがきには、何の価値もないと思われる方もいるかもせれませんが、古い年賀切手や年賀はがきには、とても価値があります。
発行年度によっては、希少価値が高いもの上があり、プレミアがついているものが多いのです。特に年賀小型シートは、切手の額面以上の価値があり、切手の買取市場では人気があります。

また、記念はがきも発行当時には惜しげもなく使用されがちなので、未使用のものは特に価値が高いのです。 もしお手元に古い年賀はがきや年賀切手があるのなら、一度買取専門店で査定をしてもらうのも良いかもしれませんね。
その際は無料査定の「ウルトラバイヤープラス」さんをおすすめします。親切な査定員の方がきっちりと査定をしてくれます。

■全国の切手買取専門 ウルトラバイヤープラス

なぜおすすめするのか? 詳細はブログページでご紹介してますので、ぜひご覧ください。

年賀切手・はがき 一覧

年賀小型シート

年賀小型シート
古い小型年賀シートはプレミアがついているものが多く、切手の買取では、昭和27年用年賀「翁の面」、昭和28年用年賀「御所人形」、昭和30年用年賀「加賀起き上り」などが価値が高く、人気があります。「翁の面」は15,000円程度が切手の買取の相場ですが、人気が高く手放す方が少ないため、買取市場は品薄状態になっています。また、加賀起き上がりの買取相場は10,000円近く大変なプレミア切手です。もしもお手持ちの切手を売るなら、1度鑑定してもらい、納得のできる価格で売却しましょう。

年賀切手

年賀切手
毎年、何となく買ってしまう年賀切手ですが、大切に保管しておくと、将来大きな価値が出るかもしれません。なぜなら、古い年賀切手はプレミアつきのものが多く、切手の買取市場では1枚からでも数千円で買取されているものが数多くあるからです。昭和11年の「富士山」などは、保存状態にもよりますが、未使用の状態で1枚数2,000円以上の価値がありますので、もしも1シートならば、どれだけの価値になるでしょう。おじいちゃんやおばあちゃんから、古い切手のコレクションを譲ってもらった場合などは、思いがけない財産になるかもしれません。

記念はがき

記念はがき
古い絵はがきをお持ちでしたら、よく絵を見てみてください。もしも戦前の記念はがきなら、現在では大きな価値があるかもしれません。古い記念はがきの中では、特に皇室関係の絵はがきが切手の買取市場では価値が高いとされ、「大正大礼 特印」、「昭和大礼記念」、「(昭和天皇)御即位御大礼奉祝花電車」などが、1枚1,000円以上が買取の相場とされています。おじいちゃんやおばあちゃんの文箱の中には、それらの絵はがきが価値を知らずに眠っているかもしれません。1度探してみてはいかがでしょうか。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ