軍事切手の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 軍事切手

軍事切手

軍事切手
軍事切手とは軍人が郵便物を差し立てる際、差出通数の管理などを目的に貼り付けさせる切手でした。

第二次世界大戦までは世界各国の軍隊が使用する目的の軍事切手が発行されており、日本を含めて、この制度は下士官兵が対象の場合が多く、将校は通数を問わず有料とされていました。

20世紀初頭に中国や朝鮮半島、関東州や南洋諸島に駐留していた大日本帝国陸海軍の下士官兵士に、月あたり2枚が支給され、封書での使用が原則で、重量便は取り扱わないことになっていました。

しかし、実際には重量便での使用例があったとされています。

切手自体は、当時の普通切手に「軍事」の文字を加刷したもので、1910年~1944年まで使われ、収集家は台切手と加刷された文字の形式をもとに6種に分類しています。

もしもお手持ちのものがあれば、いったいどれだけ価値があるのか計り知れないレアな1品ですので、大切に大切に保管し、早急に専門の切手の買取業者に依頼して切手の価値を確認したてください。

そして、価値が判明したなら、切手に保険をかけることをおすすめします。

軍事切手 一覧

軍隊の日

軍隊の日
軍隊の日の切手には、
・砲兵隊
・急降下爆撃機
・落下傘部隊
の図柄などがありました。

これらの切手は切手の買取市場に出回ることが極めてまれで、ほとんど手に入ることはありません。

もしもお手持ちのものがあれば、いったいどれだけ価値があるのか計り知れないレアな1品ですので、大切に大切に保管し、早急に専門の切手の買取業者に依頼して切手の価値を確認したてください。

第一次昭和

第一次昭和
1937年から1941年までの5年間に発行された切手を第1次昭和切手と呼びます。

1937年に郵便料金が葉書2銭、封書4銭に値上げされたことを機会に発行されました。

第1次昭和切手はどれもプレミア付きですが、中でも藤原鎌足図柄の5円切手、梅花模様の10円切手などは切手の買取の相場が、藤原鎌足7,000円、梅花模様3,000円と、超プレミアがついています。

切手の価値は売買の際のプレミアだけではありませんが、お手持ちの切手の価値を知っておくことも大切です。

第二次昭和

第二次昭和
第2次昭和切手は、第1次昭和切手ほど高額ではありませんが、超プレミアもの切手が数多く出回っていますので、切手の価値に対して、比較的収集しやすい切手です。

第2次昭和切手で有名な切手は、少年航空兵(15選)、厳島神社(30銭)、靖国神社(17銭、27銭)、大東亜共栄圏(10銭)などがあります。

これらの切手を含む第2次昭和切手の買取相場は400円程度からになりますので、お手元に大量にお持ちでしたら、売却を考えてみるのもいいかもしれません。

高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ