その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 1900年代

1900年代

切手趣味週間 1959 浮世源氏八景(きってしゅみしゅうかん 1959 うきよげんじはっけい)

切手趣味週間 1959 浮世源氏八景(きってしゅみしゅうかん 1959 うきよげんじはっけい) 相場価格1〜499円
切手額面10円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1959年(1900年代

武家出身の浮世絵師である鳥文斎栄之(細田栄之)が描いた『浮世源氏八景』の一遍が採用された1959年の切手趣味週間記念切手です。

その出自を思わせる清楚な美人画が持ち味である彼の浮世絵。

中でも浮世源氏八景は公家や武家などの上流階級を思わせる文化がそこかしこに詰まっており、品のある作品に仕上がっています。

切手に採用された『幻落雁』は和歌をたしなむ二人の女性が描かれた一遍です。

こちらの古切手を売る場合、重要になってくるのは保存状態の良さ。

シートの場合はさらに相場が上がりやすいので、高額買取を希望であれば、日焼けやシミなどに気を付けた保管が大切になってきます。

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん)

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面1銭5厘、3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1906年(1900年代

正式名称を『日露戦争凱旋観兵式記念』とする戦争凱旋記念切手です。

菊花紋があしらわれた丸枠の中には陸軍の兵器が描かれており、当時の世相を反映させたデザインとなっています。

また記念印が初めて使用された切手でもあり、現在もコレクター憧れの希少価値が高い逸品となっています。

この切手には1.5銭と3銭の二種類の額面が有りますが、評価額は3銭の方が高く未使用美品の場合ですと2万円以上の買取価格が付く場合もあるプレミア切手です。

価値のある切手ですので、売る場合もしっかりお店選びをしないと、損をしてしまう可能性がありますので、買取の際は専門店にご相談するのがポイントとなるでしょう。

大正ご婚儀(たいしょうごこんぎ)

大正ご婚儀(たいしょうごこんぎ) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円
切手額面3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1900年(1900年代

大正婚儀記念切手は、大正天皇の皇太子時代の婚礼を記念して発行された記念切手です。

種類としては、額面は3銭のみと1種類しか存在しておらず、発行年は1900年となっています。

大正天皇が婚儀の際に渡された、引き出物を中心に描かれています。

大正婚儀記念切手の買取・取引額は非常に高く、1枚のバラ切手で5000円ほどの価値がついています。

売却をお考えなら、古い切手の価値がわかる切手買取業者にご相談することをおすすめします。

日韓通信合同(にっかんつうしんごうどう)

日韓通信合同(にっかんつうしんごうどう) 相場価格10,000〜49,999円
切手額面3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型
発行年度1905年(1900年代

戦前の1905年、日本が『大日本帝国』と呼ばれていた頃の切手です。

当時大韓帝国が自国運営していた郵便事業を日本が接収した際に『日韓通信業務合同記念』としてこの切手が発行されました。

発行されたもののうち半数以上が清国(中国)・台湾・韓国に渡ったため、国内に残っているものは多くなく希少価値が高くなっています。

美品であれば相場はさらに跳ね上がり高価買取は必至なので、ご自宅に古切手が大量にあると言う方は探してみると良いかもしれません。

プレミアが付く切手が紛れている可能性もありますので、一度確認してみると良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ