その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 50,000〜99,999円

50,000〜99,999円

相場価格が50,000〜99,999円の切手の一覧です。この価格帯になってくると、超高額のプレミア切手と言えるでしょう。残存枚数が少なくなっており、状態の良いものは特に希少になりますので高額で取引されます。お持ちの場合は、きちんと状態を保って保管することが何よりも重要です。保管が難しい場合は、価値を落としてしまう前に信頼できる買取業者などに売ることを検討しても良いかもしれません。

桜洋紙カナ入り(さくらようしかないり)

桜洋紙カナ入り(さくらようしかないり) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面半銭、1銭、2銭、4銭、6銭、10銭、20銭、30銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他の色植物
発行年度明治7年 1874年(1870年代

在庫管理のためにカタカナ記号がふられたタイプの洋紙製桜切手です。

半銭・1銭・2銭・4銭・6銭・10銭・20銭、30銭と7種類もの額面があり、額に関係なく美品の場合はかなりの買取値がつきます。

また割り振られるカナ記号によってもレアリティが変わってくるため、売却を検討している場合はプロの鑑定士でないと正しい価値を見出すのが難しい切手でもあります。

六銭の「ヨ」は現存数が少ないため特に希少価値が高く、シミや汚れが少ない品の場合は非常に高額な買取価格がつくこともあります。

桜洋紙改色カナ無し(さくらようしかいしょくかななし)

桜洋紙改色カナ無し(さくらようしかいしょくかななし) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面1銭、4銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他の色植物
発行年度明治8年 1875年(1870年代

明治8年に発行された洋紙製の改色桜切手(カナ無し)です。

他の桜切手と同じく、四隅の桜と中央部にあしらわれた菊花紋が特徴的な図案となっています。

1銭と4銭の2種類の額面があり、1銭は白地に茶・4銭は白地に緑の色が付けられています。

桜切手は希少価値が高いためどれもが非常に高額な価格で売買されますが、合計40種類と言う膨大なバリエーションがあるため個人での真鷹やレアリティの判断が難しくなっています。

これらの切手を売りたいと考えている場合は、買取店なら在籍鑑定士が価値や相場を査定しますので、是非利用されると良いでしょう。

桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり)

桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円500,000〜999,999円1,000,000円〜
切手額面1銭、2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他の色植物
発行年度明治8年~明治9年 1875年〜1876年(1870年代

桜切手の中では後期組にあたる「改色桜切手」です。

和紙に比べて丈夫な洋紙で作られていると言う点では旧桜洋紙と似ていますが、こちらの方が新たに発行されており印刷色の違いで見分けることが可能です。

1銭・2銭・5銭の額面どれも非常に高い買取価格で取引されていますが、特に「ト」と「チ」のものは非常にレアで800万円を超える鑑定額が付くことも。

使用済みの消印付きでも高額な価格で売れることが多いので、お宝級のプレミア切手と言えるでしょう。

保管に普段から気に留めておけば、評価UPにつながりますので、古い切手は丁寧に扱うことがポイントです。

桜和紙カナ無し(さくらわしかななし)

桜和紙カナ無し(さくらわしかななし) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円500,000〜999,999円1,000,000円〜
切手額面半銭、1銭、2銭、4銭、10銭、20銭、30銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他の色植物
発行年度明治5年~明治6年 1872年〜1873年(1870年代

明治5年から竜切手に変わり登場した通称「桜切手」。

今回紹介する「桜和紙カナ無し」は桜切手の初代。発行された額面は半銭・1銭・2銭・4銭・10銭・20銭・30銭と多く、2銭にいたっては発行年によって朱色/黄色の2種類が存在します。

これらは大変希少性が高いため、使用済みのものであってもかなりの高額買取価格が付きます。

特に高額面で流通量の少ない20銭/30銭切手は僅少ながらも行方知れずのものがほとんど。

中でも特に出回った数が少ない政府印刷製のものは数千万円以上の買値が付くことも。

未使用品が出れば1億円を超える価格で売れるとも言われている、超プレミアな逸品ですので、想像を上回る高価格での買取も期待できるでしょう。

桜和紙カナ入り(さくらわしかないり)

桜和紙カナ入り(さくらわしかないり) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円500,000〜999,999円1,000,000円〜
切手額面2銭、6銭、20銭、30銭(1銭〜99銭
デザイン縦型植物
発行年度明治7年 1874年(1870年代

その名の通り四隅に桜が入った図案となっており、約5年間のあいだ何度か改変を重ねて発行された通称「桜切手」。

明治7年以降に発行された和紙製桜切手には、在庫数を把握するためのカタカナ記号が付けられるようになりました。

2銭・6銭・20銭・30銭の額面を揃えており、そのどれもが消印済みの場合でもかなりの高値で売買されています。

また、付けられたカタカナによって相場価格が大きく変わってくるのも大きな特徴。

「イ」の字が入った2銭切手は小額面ながらも100万を超える買取価格が期待できる大変レアな一枚となっています。

現在の価値がどれぐらいか知りたい時は、切手買取専門店に査定してもらえると安心です。

竜銭切手(りゅうせんきって)

竜銭切手(りゅうせんきって) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円
切手額面半銭、1銭(壹銭)、2銭(弐銭)、5銭(1銭〜99銭
デザイン正方形その他の色その他のモチーフ
発行年度明治5年 1872年(1870年代

日本最古の切手である竜文切手のデザインを流用した「竜銭切手」。

国内で初めて目打ちと裏糊(後期のみ)がつけられた切手としても有名です。

半銭・1銭(壹銭:赤色)・2銭(弐銭:緑色)・5銭(青色)と4種類の額面がありますが、現在そのどれもが非常な高額価格で売買されています。

と言うのもこちらの切手は製造期間が非常に短く、現存するものが極端に少ないため大変なプレミア価値がついているからです。

また、保存状態・第一版/第二版どちらのバージョンかなどで買取価格に差が出てくるので、売却を検討している場合は専門知識を持ったプロに鑑定してもらうことをおすすめします。

竜文切手(りゅうもんきって)

竜文切手(りゅうもんきって) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面48文、100文、200文、500文(その他
デザイン正方形その他の色
発行年度明治4年 1871年(1870年代

「竜文切手」は日本で最も古い切手です。

その名の通り飾り枠に龍の絵があしらわれたデザインで、和紙製であることも手伝い高級感がありますね。

デザインを手掛けたのは太政官札(紙幣)の図案も担当していた松田緑山と言う名の彫刻師。

当時はまだ江戸時代の通貨単位が用いられていたため、額面単位は「文」となっています。

また額面には四十八文(写真)・百文(青色)・二百文(赤色)・五百文(緑色)の4種類があり、使用されている図案は同じですが色で違いがつけてあります。

日本最古の古切手と言うことでそのプレミア価値は相当なもの。

オークションなどでも出回ることが少ないため、状態の良い美品の場合は大変な高額買い取りが期待できるお宝的存在です。

いざ売るときに備えて、保管状態には気を付けておくと良いでしょう。

産業図案切手 500円 機関車製造(さんぎょうずあんきって 500えん きかんしゃせいぞう)

産業図案切手 500円 機関車製造(さんぎょうずあんきって 500えん きかんしゃせいぞう) 相場価格10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面500円(500円〜999円
デザイン縦型人物
発行年度昭和24年 1949年(1940年代

SLを製造する人たちの様子を描いた「産業図案切手 機関車製造」。

戦後間もない頃に発行された産業図案切手シリーズは復興をテーマにしており、様々な産業に従事する人を描いた力強い図案が採用されました。

こちらの額面は500円で、現在の価値に直すと約5000円を超える高額切手。

そのため出回った数が少なく、コレクター間での争奪も激しい大変希少価値の高い一枚となっています。

もちろん売却した場合の買取価格も相当なもので、未使用美品の場合は5万円以上の相場で取引されることもあるプレミア古切手です。

切手買取をお願いするか検討中であれば、一度は相談してみる事をおすすめします。

産業図案切手 100円 電気炉(さんぎょうずあんきって 100えん でんきろ)

産業図案切手 100円 電気炉(さんぎょうずあんきって 100えん でんきろ) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面100円(100円〜499円
デザイン縦型人物
発行年度昭和24年 1949年(1940年代

戦後間もない頃に日本の復興のために作られた「産業図案切手」シリーズの中の一枚「電気炉」。

製鋼作業のために電気炉で働く人の姿を捉えた図案が使われており、一色刷りながらも臨場感溢れる仕上がりとなっています。

産業図案切手は複数の種類が発行されていますがこちらは現存数が少ないため希少価値が高く、未使用の美品の場合ですと5万円を超える買い取り額が付くこともあります。

たいへんレアなプレミア品なので、もし手持ちにあると言う場合はラッキー。

古い切手は丁寧な扱いが求められますので、大事にしたいお宝切手です。

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん)

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面8元(その他
デザイン縦型その他の色その他のモチーフ
発行年度昭和58年 1978年(1970年代

文化大革命後に初めて行われた全国科学大会(1978年3月)を記念して製造された「全国科学大会記念切手(J25)」です。

会議のマークや原子力マークが使用されたデザインで、全3種類が発行されました。

全国科学大会記念切手(J25m)とは別に、バラで3種完の中国切手も同時に発行され、3種完の全国科学大会記念切手(J25)はそれぞれが1500万枚ずつ発行されました。

切手の絵柄は、

・会議のマーク
・4つの近代化の旗
・原子力マークの

3つで、J25mの小型切手は3種完(J25)より発行枚数が少なく10万枚の発行なので、希少価値が高くなります。

目利き高い査定員に市場価値に基づいた最高価格をつけてもらうのが高額買取へのポイントと言えるでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
1 2
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ