趣味週間の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 趣味週間

趣味週間

趣味週間

趣味週間 一覧

浮世絵

浮世絵
記念切手の花形とも言える切手趣味週間シリーズの中でも、浮世絵シリーズは特に人気が高く、1948年の「見返り美人」、1949年の「月に雁」、1955年の「ビードロをふく娘」、1956年の「写楽」は記念切手の四天王と呼ばれるほどです。

その中でも特に切手の価値が高いプレミア切手と呼ばれている「見返り美人」は、魅力的な題材と珍しい目打から、全世界の収集家を驚かせ、世界の美術切手に影響を与えたとも言われています。

「見返り美人」の切手の買取相場は、未使用のもので18,000円、使用済みのものでも9,000円という高値になっています。

近代画

近代画
切手趣味週間の浮世絵シリーズに続き、1965年からは近代画シリーズが発行されました。

浮世絵師リーズと並んで、人気が高く、コレクター間では盛んに売買されている切手です。

「序の舞」、「蝶」、「湖畔」をはじめ、近代画家による麗しい女性像が切手趣味週間に新しい風を吹き込みました。

すでに発売から50年近くが経過し、切手の価値が高くなっています。

近代画シリーズの切手の買取相場は、保存状態によりますが、未使用のもので3,000円くらいからになりますので、もしもお持ちでしたら切手の買取専門の業者に買い取ってもらうか、状態を保って大切に保管しましょう。

屏風絵・絵巻

屏風絵・絵巻
切手趣味週間の屏風絵・絵巻シリーズは比較的手に入れやすく、その価値は浮世絵シリーズほど高くありませんが、今後の値上がりが見込めます。

それでも現在のこのシリーズ切手の買取価格は、額面価格の10倍程度にもなりますので、まちがっても普通に使用したりしないでください。

もしも売却をお考えの場合、切手は保存状態によって大きく値段が変わってきますので、現時点でのお持ちの切手の買取相場を知っておくのも良いかもしれませんね。

高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ