浮世絵の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 趣味週間 > 浮世絵

浮世絵

浮世絵
浮世絵の画像
記念切手の花形とも言える切手趣味週間シリーズの中でも、浮世絵シリーズは特に人気が高く、1948年の「見返り美人」、1949年の「月に雁」、1955年の「ビードロをふく娘」、1956年の「写楽」は記念切手の四天王と呼ばれるほどです。

その中でも特に切手の価値が高いプレミア切手と呼ばれている「見返り美人」は、魅力的な題材と珍しい目打から、全世界の収集家を驚かせ、世界の美術切手に影響を与えたとも言われています。

「見返り美人」の切手の買取相場は、未使用のもので18,000円、使用済みのものでも9,000円という高値になっています。

人気のある浮世絵

切手趣味週間 1949 月に雁(きってしゅみしゅうかん 1949 つきにがん)

コレクターなら誰もが欲しがる代表的なプレミア切手と言える『月に・・・

買取価格相場の詳細はこちら

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

浮世絵師の確立者である菱川師宣の作品の中でも特に有名な一枚『見・・・

買取価格相場の詳細はこちら

切手趣味週間 1991 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1991 みかえりびじん)

浮世絵の創始者、菱川師宣の作品『見返り美人』の切手です。 この・・・

買取価格相場の詳細はこちら

鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき)

江戸時代中期に美人画の浮世絵で活躍した鈴木春信の「まりつき」が・・・

買取価格相場の詳細はこちら

葛飾北斎「山下白雨の富士」(かつしかほくさい さんかはくうのふじ)

葛飾北斎が描く富嶽三十六景の中の作品、山下白雨。 通称「黒富士・・・

買取価格相場の詳細はこちら

東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう)

歌舞伎演目『恋女房染分手綱(1794年)』竹村定之進役を演じる・・・

買取価格相場の詳細はこちら

喜多川歌麿「ビードロを吹く娘」(きたがわうたまろ びーどろをふくむすめ)

赤い市松模様の着物が印象的な町娘を描いた「ビードロを吹く娘」。・・・

買取価格相場の詳細はこちら


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ