鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 趣味週間 > 浮世絵 > 鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき)

鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき)

鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき)

鈴木春信「まりつき」(すずきはるのぶ まりつき) 相場価格1〜499円
切手額面10円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1957年(1950年代

江戸時代中期に美人画の浮世絵で活躍した鈴木春信の「まりつき」が描かれており、1947年から現在まで毎年発行されている切手趣味週間の中では7番目にあたる切手です。

鈴木春信は、美人画や役者絵を描いていましたが、錦絵創始の仕事について41歳の時に木版多色刷の浮世絵画(錦絵)を考案したことで知られています。

「夢幻的美人画の創始者」とも呼ばれ、中版(約28cm×20cm)と呼ばれる正方形に近い画面を愛用し、独特の可憐、きゃしゃな人物像をあみだしました。

また「見立て」の趣向を積極的に採用し、叙情的な画面をつくり出しました。

今から60年前の1957年に850万枚発行されましたが、収集価値が高く額面の数倍から数十倍もの価格で取引されることもある切手です。

このような切手は特に保存状況で大きく価値が変動するので、専門家に一度みてもらうことが正しい価値を知る最良の方法といえるでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ