その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 1890年代

1890年代

日清戦争勝利 北白川宮(にっしんせんそうしょうり きたしらかわのみや)

日清戦争勝利 北白川宮(にっしんせんそうしょうり きたしらかわのみや) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン縦型人物
発行年度1896年(1890年代

日清戦争の勝利を記念して発行された切手で、肖像には今回ご紹介する北白川宮能久親王の他に有栖川宮熾仁親王が採用されています。

それまでの切手には凸版印刷の技術が使われていましたが、この切手には肖像の細かな表現を印刷するために初めて彫刻凹版の技術が使用されました。

現在の買取価格についてですが、2銭と5銭によってかなり大きな価格差が有ります。

また美品か並品かによっても大幅な価値の違いが出てくるので、お持ちの場合はシミやヨレ、湿気には気を付けた丁寧な保管を心がけましょう。

明治銀婚(めいじぎんこん)

明治銀婚(めいじぎんこん) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン横型動物
発行年度1894年(1890年代

『明治銀婚切手』は明治天皇・皇后の結婚25周年記念を祝って発行されたもので、日本国内では初の記念切手です。

赤一色刷りのものが2銭・青一色刷りのものが5銭で、絵柄はどちらも菊花紋章と鶴となっています。

100年以上も前の切手ということで未使用品や美品が少なく、状態の良いものの場合驚くような高値で売れることがあります。

5銭切手の方が価値が高いとされますが、2銭と5銭のセットならより高い買取価格が付くでしょう。

保管状態も普段から気に留めておけば評価UPにつながりますので、丁寧に保存すると良いでしょう。

日清戦争勝利 有栖川宮(にっしんせんそうしょうり ありすがわのみや)

日清戦争勝利 有栖川宮(にっしんせんそうしょうり ありすがわのみや) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面2銭(1銭〜99銭
デザイン縦型人物
発行年度1896年(1890年代

1894年~1896年にかけて勃発した日清戦争の、陸海軍総司令官として活躍した有栖川宮熾仁親王が描かれた戦勝記念切手。

日本国内で発行された物のなかでは初めての「肖像画」が扱われた切手になります。

この切手はそれぞれ2銭/5銭の二種類が発行されており、5銭のものは特に希少価値の高いプレミア品となっています。

古切手を高く売りたいなら、珍しさと合わせて保存環境に気をつけることも大事。

せっかくのプレミア切手、買い取りに出す場合は最高の状態で送り出してあげたいものですね。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ