東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 趣味週間 > 浮世絵 > 東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう)

東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう)

東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう)

東洲斎写楽 市川蝦蔵(とうしゅうさいしゃらく いちかわえびぞう) 相場価格500〜999円
切手額面10円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1956円(1950年代

歌舞伎演目『恋女房染分手綱(1794年)』竹村定之進役を演じる市川蝦蔵が描かれた『東洲斎写楽 市川蝦蔵』

写楽のと言う非常に短いものでしたが、斬新かつ大胆な作品を約140点も残しています。

東洲斎写楽は江戸時代中期に彗星のように浮世絵界に登場し、その斬新な構図とモデルの個性を見事に表現した傑作を生み出した浮世絵師です。

活動期間はわずか10ヶ月間で、突然姿を消してしまい、現在までその人物の正体は不明で「謎の浮世絵師」と呼ばれています。

この作品は、寛政6年(1794)の5月に河原崎座で上演された「恋女房染分手綱」の一場面、前半の山場の「道成寺」の主役で能師役の竹村定之進を描いたものです。
 
1956年の切手趣味週間に発行されたこちらの切手はコレクターの間でも人気が高く、美品であれば1枚でもなかなかの買取価格が付いています。

シートの場合はさらに相場が跳ね上がり非常に高額になることがありますので、少しでもキレイな状態での保管をしておくと良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ