切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 趣味週間 > 浮世絵 > 切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面5円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色人物
発行年度1948年(1940年代

浮世絵師の確立者である菱川師宣の作品の中でも特に有名な一枚『見返り美人』が描かれた切手。

見返り美人切手の発行は1948年(昭和23年)11月29日で、師宣の見返り美人はとても人気が高く、平成に入ってからも何度か採用されている絵柄です。

しかし、1948年切手趣味週間記念バージョンは特に名品とされています。

その理由は「取引高税印紙」と呼ばれる高額印紙の目打ち型を流用しており、切手としては非常に珍しい縦長の大判サイズになっているから。

そして、見返り美人切手の発行部数は150万枚。

発行部数としては多いと感じるが、なにせ70年以上も前の切手です。

発売当時はあっという間に売り切れるほどの人気で、現在でも切手収集家にとって憧れのプレミア切手として知られています。

現状の買取価格は非常に高額で、汚れやシミの少ない美品ならかなりの高値買い取りが期待できるでしょう。

お手元にあれば、シミや色あせがつかないよう、なるべく綺麗に保存しておくと良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ