婦人教師(ふじんきょうし)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 中国切手 > 高額切手 > 婦人教師(ふじんきょうし)

婦人教師(ふじんきょうし)

婦人教師(ふじんきょうし)

婦人教師(ふじんきょうし) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面8元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和50年 1975年(1970年代

3月8日の国際婦人デーにちなんで発行された「婦人教師切手」(T9)です。

働く女性が注目され始めた時代らしい図柄を鮮やかな色彩で表現しています。

・勉強する婦人教師
・遊牧民の子に教育
・戸外での実施教育
・船乗りの子に教育

の計4種が発行されており、買い取り市場では4枚全種のセット売りで取引されることがほとんどです。

婦人教師の切手は、女性が一人立っている様子を想像しがちですが、実際は大人の女性が数人の子供と戯れているといった構図のイラストが描かれています。

中国の切手なので、人民服のような雰囲気の恰好をした女性と子供が描かれているのが中国らしいと言えます。

タイトル通り、女性の職業は教師で、生徒と遊んでいる構図が連想できますが、実際に中国の学校の様子がモデルになっており、中国の経済状況が活発になってきた頃の教育現場の様子が描かれています。

この婦人教師の切手の絵柄は、手書きのイラストであるところが特徴です。

中国切手の中では比較的ポピュラーな存在ですが、未使用美品の場合はなかなか高い買取相場がつけられている安定性の高いシリーズと言えます。

切手買取専門店での鑑定で、高額査定も期待できますのでぜひ利用されると良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ