ドル表示数字切手の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 琉球切手 > ドル表示数字切手

ドル表示数字切手

ドル表示数字切手
ドル表示数字切手の画像
ドル表示数字切手は、1958年9月の通貨切り替えの時に発行された普通切手で、図柄は、¥と$記号を組み合わせたデザインになります。

額面ごとに色違いで、12種あり
・1/2¢
・1¢
・2¢
・3¢
・4¢
・5¢
・10¢
・25¢紫
・25¢青紫
・50¢灰色
・50¢台紙アイボリー
・1$
です。

1948年からB円軍票が沖縄の正式通貨として使用されましたが、1958年9月にB円からドルに替えられました。

切手も、B円からドル表示のものになり、沖縄の印刷所で作られました。
・紙質
・印刷の色
・目打ちの違い
など、一額面で4種類ほどあるのもユニークで、このようなミスプリントがマニアの興味を引いています。

25セントと50セントの切手には、裏面に糊が付いたものがあり、これらは特別に価値が高く、状態がいいと1枚2,000円以上もの価格で売買されています。

もしもドル表示数字切手をお持ちならば、1度鑑定に出し、切手の価値を確かめることをおすすめします。

人気のあるドル表示数字切手

ドル表示数字切手1¢(どるひょうじすうじきって いっせんと)

1958年に通貨が全てドル・セントへ変更されたことにより急遽発・・・

買取価格相場の詳細はこちら

ドル表示数字切手10¢(どるひょうじ すうじきって じゅっせんと)

1958年9月に琉球で使用されていた通貨が全てドル・セントへ変・・・

買取価格相場の詳細はこちら

ドル表示数字切手 50¢(どるひょうじきって ごじゅっせんと)

米軍統治下であった1958年9月にそれまで琉球で使用されていた・・・

買取価格相場の詳細はこちら


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ