立太子礼 皇太子旗 1952(りったいしれい こうたいしき)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手 > その他記念切手 > 立太子礼 皇太子旗 1952(りったいしれい こうたいしき)

立太子礼 皇太子旗 1952(りったいしれい こうたいしき)

立太子礼 皇太子旗 1952(りったいしれい こうたいしき)

立太子礼 皇太子旗 1952(りったいしれい こうたいしき) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面24円(1円〜49円
デザイン横型その他のモチーフ
発行年度昭和27年 1952年(1950年代

1952年の継宮明仁親王(今上天皇)立太子礼記念に発行された記念切手です。

立太子礼とは第一皇位継承者が皇太子であることを公に告げられる儀式で、最近ですと平成3年の浩宮徳仁親王のものが最も新しい立太子礼となります。

明仁親王の立太子礼時には麒麟(5円/10円)と今回ご紹介する皇太子旗(24円)の切手が発行され、その美しいデザインは今でも多くのコレクターから愛されています。

皇太子旗切手は当時としては高額面のものであったため、他の2枚に比べて希少となっており美品の場合は1000円を超える買取価格で取引されています。

また、同年の皇太子誕生日には麒麟(5円/10円)・皇太子旗(24円)の組み合わせ小型シートが発行され、特印付きの美品であれば10万円を超える価格で取引されることもあります。

お手元で眠らせている切手の価値を知りたい時は、まず切手買取専門店ご相談されると良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ