発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表

背景 切手の奥深さ知っていますか?

背景 切手の奥深さ知っていますか?

ある日、祖父が集めていた大量の切手を譲り受けることになり、換金しようと思いたったけれど、郵便局に行っても金券ショップに行ってもなぜか売れない!そこからわかった切手の売り方ノウハウ。数十円の切手が超プレミア価格になったり、使用済みの切手も高額で買取されている事実。そして、戦後に起こった切手大ブームにより両親や祖父母の趣味が切手集めだったという方が実は多いことも知り、どこのお家にも高額切手が眠っている可能性があるという考えに至りました。わたしと同じような、二代目切手収集家の方や切手の買取に出す方にも、その魅力と見やすく調べやすい切手の種類一覧表をお届けします!

プレミア切手だけじゃない!切手の魅力

切手収集の魅力「手軽さ」

切手の中には、1,000万円、1億円以上で取引きされる非常に高価な切手もありますが、やはり全体としてはごく稀で、実際に現在取引きされている切手の大半が1枚あたり100円以下です。切手はアンティークコレクションの中では、かなり手軽な部類に入り、経済力や年齢に関わらず、誰でも切手収集を楽しむことができます。その反面、海外では将来的な資産形成のために、価値のある切手コレクションを築いたり、投資機関が運用のために値上がりの見込める有望な切手を取得することもあります。また、整理して保管すれば場所もあまりとらず、そのあたりも切手の魅力の1つです。

切手収集の魅力「小さな美術品」

切手の写真

切手とは伝統的に一流の芸術家たちが起用されてきたこともあり、「小さな美術品」として鑑賞の対象とされます。お好みのデザインの切手を額縁に飾れば、小さな芸術作品の完成です。
切手が通常の意味での美術品と違うのは、切手が封筒に貼られることを前提としたアートでという点です。どんな封筒に合うか、どの位置に貼るか、風景印と合わせるなど、自分でコーディネートを楽しみながら切手を選ぶことができます。風景印とは「風景入り通信日付印」の略称で、その郵便局に行かなければ捺すことのできない消印のことをいいます。すべての郵便局で風景印を用意しているわけではなく、日本郵便のホームページ等で確認できます。切手と風景印、封筒にもこだわってコーディネートをして手紙を送れば、きっと相手の方にも喜ばれると思います。切手選びとは自己表現で、その人の個性が出ます。

最近追加した切手情報

国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)

国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが) 国際文通週間 1990 鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型その他の色動物
発行年度平成2年 1990年(1990年代

日本最古の漫画と言われ、そのコミカルで可愛らしいタッチが今なお多くの人から愛されている『鳥獣人物戯画』。1990年国際文通週間記念切手に採用されたのは、その中でも特に有名な甲巻からの一シーンです。こちらの切手は80円・120円と2種類の額面が発行されており、絵柄は同じですが目打ち部分の色を変えることで区別がつけてあります。どちらも人気が高く出回った数が多いため希少価値はそれほど高くありませんが、状態が良い美品の場合は比較的安定した買取価格を推移している切手です。

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)

国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご) 国際文通週間 1994 士女遊楽図屏風 双六/将棋/囲碁(しじょゆうらくずびょうぶ すごろく/しょうぎ/いご)2 相場価格1〜499円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成6年 1994年(1990年代

若衆が遊ぶ様子を描いた『士女遊楽図屏風』。屏風に描かれているのは桃山時代から江戸時代初期にかけて流行した「遊楽図」と呼ばれる風俗画で、当時行われていた遊びを知ることが出来る資料的価値の高い作品です。切手には『双六(90円)』『将棋(110円)』『囲碁(130円)』の3種類の絵が採用されており、それぞれ鮮やかな色彩と生き生きとした臨場感を楽しむことが出来ます。平均買取相場はそれほど高くない古切手ですが、未使用美品やシートの場合ならば額面以上の買い取り価格が期待できます。

国際文通週間 1992 平治物語絵巻(へいじものがたりえまき)

国際文通週間 1992 平治物語絵巻(へいじものがたりえまき) 国際文通週間 1992 平治物語絵巻(へいじものがたりえまき)2 相場価格
切手額面80円、120円()
デザイン
発行年度平成4年 1992年()

平安時代末期に勃発した平治の乱を題材とした絵巻『平治物語絵巻』。当時の騒乱が緊迫感を持って描かれた傑作絵巻ですが、作られた数十巻のうち原画は4巻・模本が2巻しか現存しておらず今でも謎の多い作品となっています。切手に採用されているのは80円切手・120円切手ともに『信西の巻』からの一遍。これらの切手は比較的買取相場が高く、汚れやシミ・ヤケなどの無い未使用品の場合ですと額面以上の価格が付きやすい一品となっています。

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ)

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ) 相場価格1〜499円500〜999円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物植物景色
発行年度平成8年 1996年(1990年代

尾形光琳作『四季草花図小屏風』と葛飾北斎作『冨嶽三十六景』の二種連刷グリーティング切手。それぞれ90円・110円・130円の3額面が発行されたため、平成8年の国際文通週間には実質6種類の記念切手が発行されていることになります。屏風の各曲を切り取った四季草花図と富士の雄大さが楽しめる冨嶽三十六景の対比が面白いシートです。これらの切手はどの額面も比較的高い価値での売買がされており、破れや劣化のないものなら額面以上の価格での買い取りが期待できるでしょう。

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)

国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき) 国際文通週間 1991 伴大納言絵巻(ばんだいなごんえまき)2 相場価格1〜499円
切手額面80円、120円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物
発行年度平成3年 1991年(1990年代

平安時代末期に作られた絵巻物『伴大納言絵巻(伴大納言絵詞)』。応天門の変と言う政治事件がモチーフとなった作品で、作者は年中行事絵巻や吉備大臣入唐絵巻などを手掛けた常盤光長だと言われています。額面で使用されている絵が変えてあり、80円切手には上巻の「宮中から応天門の炎を見る人々」を、120円切手には下巻の「連行されてゆく主人伴大納言を見送る家人たち」が採用されています。レアリティが同程度なので、額面による買取価格差はそこまで大きいものではありません。ただし保存状態によって査定額は大きく変わってくるので、他の切手と同じく丁寧な保管を心がけましょう。

いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ