農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 中国切手 > 文化大革命 > 農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん)

農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん)

農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん)

農村で働く知識青年(のうそんではたらくちしきせいねん) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面8元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和44年 1969年(1960年代

1969年に発行された「農村で働く知識青年」の切手です(文17)。

文化大革命期の当時の中国では、毛沢東の指導により青少年が農村で肉体労働を行うことを推進されていました。

これら一連の活動は「上山下郷運動」と呼ばれ、今回ご紹介する切手も上山下郷運動の一環として発行されていたものです。

図柄はそれぞれ「働く青年たち」「試験田で学ぶ青年」「老農民に学ぶ青年」「幼児をみる医療班」の4種が存在しています。

希少性はそこそこ高く1枚あたりの買取相場も数千円と高額ですがセットで売却する場合はさらに高い値段での売買が行われています。

相場の変動もありますので、しっかりと査定できる買取専門店に依頼するのが高額査定のコツと言えるでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ