第3回新聞週間(だいさんかい しんぶんしゅうかん)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 琉球切手 > 新聞週間 > 第3回新聞週間(だいさんかい しんぶんしゅうかん)

第3回新聞週間(だいさんかい しんぶんしゅうかん)

第3回新聞週間(だいさんかい しんぶんしゅうかん)

第3回新聞週間(だいさんかい しんぶんしゅうかん) 相場価格1〜499円
切手額面4円(100円〜499円
デザイン縦型人物その他のモチーフ
発行年度1953年(1950年代

鉛筆を形どった紙型とともに沖縄の新聞人、政治家である太田朝敷がデザインされています。

彼は明治26年沖縄最初の新聞「琉球新報」の創刊に深く関わっており、県会議員、首里市長を務め沖縄県海外協会副会長として移民事業を推しすすめた人物です。

琉球時代の切手のため未使用の現存品は少ない価値のある切手です。

正しい価値を知るためにも、一度専門家に鑑定してもらうことが高額査定へのポイントになるでしょう。

1953年第3回新聞週間は、毎年10月に行われる新聞週間の第3回を記念して発行されたものです。

切手の図柄は、沖縄新聞業界の先駆者の大田朝敷の肖像画と鉛筆がデザインされています。

大田朝敷(1865年~1931年)は首里生まれで、学習院を経て慶應義塾へ進み、慶應義塾の創立者である福沢諭吉の門下生として直接教育を受けました。

1893年に帰郷し琉球新報の創立の頃から携わり、主筆を経て社長になりました。

琉球時代の切手のため未使用の現存品は少ない価値のある切手です。

正しい価値を知るためにも、一度専門家に鑑定してもらうことが高額査定へのポイントになるでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ