第4回新聞週間(だいよんかい しんぶんしゅうかん)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 琉球切手 > 新聞週間 > 第4回新聞週間(だいよんかい しんぶんしゅうかん)

第4回新聞週間(だいよんかい しんぶんしゅうかん)

第4回新聞週間(だいよんかい しんぶんしゅうかん)

第4回新聞週間(だいよんかい しんぶんしゅうかん) 相場価格1,000〜9,999円
切手額面4円(1円〜49円
デザイン縦型人物その他のモチーフ
発行年度1954年(1950年代

米軍統治下の沖縄で1948年に「琉球郵便」と記された切手が発行されています。

その中でも新聞週間の記念切手として発行されたスタイリッシュなデザインの切手です。

図柄は琉球朝日新聞社を設立し、衆議院議員となった当真嗣合が描かれ、切手の買取価格は500円~1,000円程度です。

四半世紀もの時間が経ったため、どうしても劣化が起こってしまいますが、色褪せやシワの少ないものは高い価値を持ちます。

状態により価値が大きく変動するため正しい価値を知るためにも、プロの鑑定士に査定してもらえると安心です。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ