第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手 > 国宝切手 > 第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう)

第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう)

第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう)

第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう) 相場価格1〜499円
切手額面15円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1968年(1960年代

1967年から1969年にかけて発行された第一次国宝シリーズの一枚、京都の神護寺が所有する源頼朝像の切手です。

神護寺には伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像の『神護寺三像』と呼ばれる絹本著色像があります。

それぞれが国宝に指定されており、切手に採用された源頼朝像は所有先の京都国立博物館または神護寺で定期的に一般公開されています。

こちらは古切手の中では比較的ポピュラーなため買取額はごく平均的な価格になっています。

劣化の有無により買い取り査定額に違いが出てくるので、できるだけ丁寧な保管を心がけ、切手の価値を正確に評価してくれる切手買取専門店へ依頼するようにしましょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ