第一次国宝シリーズ「法隆寺」(だいいちじこくほうしりーず ほうりゅうじ)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手 > 国宝切手 > 第一次国宝シリーズ「法隆寺」(だいいちじこくほうしりーず ほうりゅうじ)

第一次国宝シリーズ「法隆寺」(だいいちじこくほうしりーず ほうりゅうじ)

第一次国宝シリーズ「法隆寺」(だいいちじこくほうしりーず ほうりゅうじ)

第一次国宝シリーズ「法隆寺」(だいいちじこくほうしりーず ほうりゅうじ) 相場価格1〜499円
切手額面50円(50円〜99円
デザイン縦型建物
発行年度1967年(1960年代

世界最古の木造建築である法隆寺を取り上げた切手『第一次国宝シリーズ 法隆寺』

青空を背景に五重塔と法隆寺金堂が並ぶ、少し珍しい構図の切手になっています。

50円と言う額面のこともあり同シリーズの切手の中では発行部数が比較的少なかったため、他に比べて買取価格がすこし高くなっています。

とは言っても汚れや破れがある並品の場合は相場が大幅に下がってしまうので、少しでも高く売りたい場合はそうした劣化を避ける保管が重要です。

普段のお手入れ次第でキレイな状態に保つことができますので、今日から是非実行してみてください。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ