桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手 > 戦前の切手 > 桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり)

桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり)

桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり)

桜洋紙改色カナ入り(さくらようしかいしょくかないり) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円500,000〜999,999円1,000,000円〜
切手額面1銭、2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他の色植物
発行年度明治8年~明治9年 1875年〜1876年(1870年代

桜切手の中では後期組にあたる「改色桜切手」です。

和紙に比べて丈夫な洋紙で作られていると言う点では旧桜洋紙と似ていますが、こちらの方が新たに発行されており印刷色の違いで見分けることが可能です。

1銭・2銭・5銭の額面どれも非常に高い買取価格で取引されていますが、特に「ト」と「チ」のものは非常にレアで800万円を超える鑑定額が付くことも。

使用済みの消印付きでも高額な価格で売れることが多いので、お宝級のプレミア切手と言えるでしょう。

保管に普段から気に留めておけば、評価UPにつながりますので、古い切手は丁寧に扱うことがポイントです。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ