竜文切手(りゅうもんきって)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手 > 戦前の切手 > 竜文切手(りゅうもんきって)

竜文切手(りゅうもんきって)

竜文切手(りゅうもんきって)

竜文切手(りゅうもんきって) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面48文、100文、200文、500文(その他
デザイン正方形その他の色
発行年度明治4年 1871年(1870年代

「竜文切手」は日本で最も古い切手です。

その名の通り飾り枠に龍の絵があしらわれたデザインで、和紙製であることも手伝い高級感がありますね。

デザインを手掛けたのは太政官札(紙幣)の図案も担当していた松田緑山と言う名の彫刻師。

当時はまだ江戸時代の通貨単位が用いられていたため、額面単位は「文」となっています。

また額面には四十八文(写真)・百文(青色)・二百文(赤色)・五百文(緑色)の4種類があり、使用されている図案は同じですが色で違いがつけてあります。

日本最古の古切手と言うことでそのプレミア価値は相当なもの。

オークションなどでも出回ることが少ないため、状態の良い美品の場合は大変な高額買い取りが期待できるお宝的存在です。

いざ売るときに備えて、保管状態には気を付けておくと良いでしょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ