発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 琉球切手

琉球切手

琉球切手
日本が太平洋戦争で敗戦したのは1945年の8月15日です。沖縄はこの敗戦により、1945年から1972年5月14日の本土への返還まで、アメリカ軍によって占領されていました。その占領下の37年間に沖縄で発行された切手を琉球切手と呼びます。アメリカ軍の占領下で発行された琉球切手には、希少価値が高いものが多く、切手の買取市場では高値で取引されています。
特に切手の価値が高い琉球切手はドル表示数字切手、新聞週間シリーズ、各種記念切手などです。
もしお手元にお持ちなら、切手の価値をちゃんとわかってくれる専門の査定員がいる買取専門店で査定をしてもらう事をおすすめします。
私が利用したウルトラバイヤープラスさんは、査定も無料で親切な査定員の方がなっとくの価格を提示してくれました。

■全国の切手買取専門 ウルトラバイヤープラス

ブログページで他の買取専門店もランキング形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

琉球切手 一覧

ドル表示数字切手

ドル表示数字切手
ドル表示数字切手には、1/2セント、1セント、2セント、3セント、4セント、5セント、10セント、25セント、50セント、1ドルの10種類があります。これらの切手の価値は非常に高く、10種類のセットの切手の買取価格は、保存状態がいいものでおおよそ5,000円程度が相場です。また、25セントと50セントの切手には、裏面に糊が付いたものがあり、これらは特別に価値が高く、状態がいいと1枚2,000円以上もの価格で売買されています。もしもドル表示数字切手をお持ちならば、1度鑑定に出し、切手の価値を確かめることをおすすめします。

新聞週間

新聞週間
琉球切手の中でも新聞週間記念切手は、切手収集家の間で人気が高い切手です。新聞週間記念切手は、発行部数があまり多くないため、希少価値が高く、切手の買取市場での切手の価格が高騰しています。もしも、お手元に「琉球郵便」、「新聞週間記念」と記載された古い沖縄の切手をお持ちなら、とても切手の価値が高い切手である可能性がありますので、くれぐれも大切に保管し、早めに切手の買取の専門業者に鑑定してもらう事を勧めします。

記念切手

記念切手
琉球切手の記念切手はどれも切手の価値が高い超プレミア切手ですが、琉球大学開校記念切手、琉球政府創立記念切手、植林記念(蔡温)切手などはその筆頭と言っていいでしょう。この3点の切手はどれも切手の買取に出すと、1枚当たり数1,000円というのが切手の相場価格です。もしも古い沖縄の切手をお持ちで、売却したいとお考えなら、オークションなどに出す前に、専門の切手の買取業者に鑑定を依頼し、どれだけの価値がある切手なのかを確かめましょう。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ