国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな)の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 文通週間 > その他文通週間 > 国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな)

国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな)

国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな)

国際文通週間 1987 宴の花(うたげのはな) 相場価格1〜499円
切手額面150円(100円〜499円
デザイン縦型人物その他のモチーフ
発行年度昭和62年 1987年(1980年代

国際文通週間「人形シリーズ」切手の最後を飾るのは、重要無形文化財「衣裳人形」保持者である平田郷陽の遺作『宴の花』です。

着物姿で鼓を打つ美しい少女がまさに生き人形さながらの高い技術で表現されています。

楚々とした印象に凛とした表情・優美な仕草など、郷陽の集大成とも言える技術と表現力が詰まった傑作と言えるでしょう。

買取相場は1枚あたり40円~250円程度、古切手の中では比較的ポピュラーなため買取額はごく平均的な価格になっています。

劣化の有無により買い取り査定額に違いが出てくるので、高額買取をご希望であれば、シミや日焼けを防ぐよう保管に心がけることが大切です。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ