外国のプレミア切手にはどんなものがある?の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > ブログ > 外国のプレミア切手にはどんなものがある?

外国のプレミア切手にはどんなものがある?

プレミア切手一覧(外国)
2017.03.02

外国切手とは

日本の切手にはないデザインや色使いなどが素敵な、見ているだけで楽しい外国切手。

特にドイツやポルトガル、イギリス、ハンガリー、ブルガリア、オーストリア、モザンビークなどの切手はその美しさや特殊な素材を使用した物珍しさから根強い人気を誇っています。

収集家の間でも世界をまたいで切手を集めている人は数多く、「国別コレクション」やモチーフによって分類する「テーマティク(別名トピカル)コレクション」などのカテゴリ分けを楽しむのが主流のようです。

外国切手海外では切手収集は『趣味の王者』と呼ばれるほどポピュラーな趣味

イギリスには世界一とされる膨大な数のコレクションが存在し、テニス選手のマリア・シャラポワやアメリカのルーズベルト元大統領など著名人の中にも多くのコレクターがいます。

 

外国切手の価値は減少傾向。売るならなるべく早くに!

とは言え現在切手収集家は減少を続けていて、切手自体の市場価値がじわじわと下がり続けている傾向にあります。

日本のものと同じく、1960年代以降に発行された切手は額面割れでの買取価格しかつかないこともしばしば。

外国切手の価値さらに外国切手は国内では金券としては使えないため、買い取り自体を断られる可能性もあります。

ただしいまだに希少価値が高いものの場合は驚くような高額で売れることもあるため、売却するならそれらの価値が下がらない現在がチャンスではないでしょうか?

また、そこまでプレミア的価値のない切手の場合でも、さきほど少しだけ触れた「カテゴリ分け」が行われた膨大なコレクションの場合はこの限りではありません。

アルバムを用いて美しく整理された外国切手ですと、バラやシート1枚で売るよりはるかに高い相場で売れることがあります。

 

プレミア外国切手

ペンス・ブルー外国切手のプレミア品として真っ先に出てくるのはイギリスの切手「ペニー・ブラック」「ペニー・レッド」「ペンス・ブルー」の3点です。

ヴィクトリア女王の横顔を模したこの3点は時代を感じさせるデザインや質感から今でも多くの収集家から根強い人気を集めている切手のひとつ。

こちらの3つはどれも高いレアリティを持っていますが、中でも世界で二番目に発行された切手とされる「ペンス・ブルー」は未使用美品の場合で10万円以上の買取価格がつけられることもあるというたいへんなプレミア切手です。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
 
関連記事
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ