ポストカードのような「景色柄」プレミア切手の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > ブログ > ポストカードのような「景色柄」プレミア切手

ポストカードのような「景色柄」プレミア切手

プレミア切手一覧(モチーフ別:景色)
2021.09.06

地域色の豊かさが醍醐味の景色柄

各地の景勝や風景を切り取った「景色」モチーフの切手は、どれもまるでポストカードのミニチュアのような精巧さが楽しめる逸品です。

ダイナミックで個性的な浮世絵から、繊細でリアルなタッチの風景画までその種類は実に様々。

プレミア切手として今なお人気を集めているものは特にクオリティが高いものが多く、日本内外を問わず多くのコレクターの人気を集めています。

 

景色モチーフの種類

葛飾北斎「富嶽三十六景 甲州三島越」

「富嶽三十六景 甲州三島越」

・浮世絵:「富嶽三十六景」や「東海道五十三次」に代表される浮世絵で描かれた風景柄。

当時の風俗を垣間見ることが出来る点と、日本ならではの独特の色・線使いが楽しむことが出来ると言う点から海外の切手収集家からも高い人気を集めています。

国際文通週間でたびたび取り上げられることがあるのもこうした理由からです。

・イラスト/絵画:280円以上の現行普通切手やふるさと切手などの景色画は著名な画家・イラストレーターが手がけることが多いです。

写実的な風景画からちょっぴり簡略されたイラストチックなものまでそのバリエーションは様々です

・写真:絵画に比べると数は少ないですが、最近の切手では写真をそのまま切手に使用したデザインのものも増えてきています。

ロングランの人気シリーズふるさと切手「旅の風景シリーズ」では写真家が撮影した日本各地の風景がモチーフとなった図柄が毎回採用されています

・手彫り:機械による印刷技術が発明されて間もない頃は、手彫りによる風景画がよく行われていました。

葛飾北斎「山下白雨の富士」

「山下白雨の富士」

一色刷りながらも北斎のニュアンスをよく表現した新昭和切手「山下白雨の富士」などがその代表です。

 

 

主な景色をモチーフとした切手シリーズ

現行普通切手 (280円/310円/500円/1000円)

国際文通週間 (東海道五十三次/富嶽三十六景など)

切手趣味週間 (葛飾北斎「山下白雨の富士」など)

観光地百選シリーズ

第一次国宝シリーズ

ふるさと切手

 

景色図案の中ではダントツのプレミアを誇る中国切手

景色をモチーフとした切手の中で私が特に推したいのは、万里の長城が描かれた中国切手「第31回リチオーネ国際切手展の記念切手(J41)」。

切手一枚に金色の箔押しをあしらった枠組みが付くというなんとも贅沢な小型シート。

美しさもさることながら、状態の良いシート状のものですと4、5万円、場合によってはそれ以上の高額買取価格が付くこともある超レアな切手です。

観光地百選シリーズ 箱根温泉

観光地百選シリーズ 箱根温泉

国内のものでは「観光地百選シリーズ」の中の「箱根温泉」や「赤目四十八滝」が特に希少価値の高いものです。

ただし近年切手コレクターの減少によりその価値はじわじわと低下しつつあるので、お手持ちの古切手にこうしたものがある場合は早めの査定をしておいた方が良いかもしれません。

 

 
関連記事
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ