明治文明開化期の錦絵の買取相場・価値を知って高額買取

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 文通週間 > 明治文明開化期の錦絵

明治文明開化期の錦絵

明治文明開化期の錦絵
明治文明開化期の錦絵の画像
「国際文通週間にちなむ郵便切手」のシリーズ第3弾は、1970年から1972年の3年間に発行された「明治文明開化期の錦絵」シリーズです。

「明治文明開化期の錦絵」シリーズは、「駅逓寮図」、「鉄道馬車図」、「永代橋」の3点で構成され、購入しやすい価格帯であることから、コレクターの間で根強い人気がありますので、今のうちに手に入れておくのもいいかもしれません。

「明治文明開化期の錦絵」シリーズの切手の買取相場は1枚70円ほどで、もう少し経つともっと切手の価値が上がりそうです。

人気のある明治文明開化期の錦絵

三代目 歌川広重「 駅逓寮図」(さんだいめ うたがわひろしげ えきていりょうず)

三代目歌川広重が描いた東京府下名所尽の一枚『四日市駅逓寮』の切・・・

買取価格相場の詳細はこちら


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
おすすめ記事
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ