その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME >

切手趣味週間 1949 月に雁(きってしゅみしゅうかん 1949 つきにがん)

切手趣味週間 1949 月に雁(きってしゅみしゅうかん 1949 つきにがん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面8円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色動物
発行年度1949年(1940年代

見返り美人と同じく、プレミア切手といえばコレ!というほど有名な切手です。

安藤広重の作品で、歌川広重の躍動感ある筆致を活かした絵柄が、当時としては非常に珍しかった大判切手の中に大胆に配置されています。

前年に発行された『見返り美人』と同じ高額取引高税印紙の目打ち型を使ったこちらの大型切手は、200万部と発行部数が少なく当時からかなりの価値が付いていたようです。

切手収集ブームの時は非常に高値で取引されていて、現在でもかなりのプレミア価格が付いており、状態の良いものなら驚くような買い取り価格が付くことも。

切手コレクターにとっては最高の人気を博した切手で、漫画ドラえもんの作中にも出てきます。

保管状態の良し悪しにより買取額にかなり差が付くため、古切手をより高値で売るためには、今一度保管方法のチェックをしてみることをオススメします。

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面5円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色人物
発行年度1948年(1940年代

浮世絵師の確立者である菱川師宣の作品の中でも特に有名な一枚『見返り美人』が描かれた切手。

見返り美人切手の発行は1948年(昭和23年)11月29日で、師宣の見返り美人はとても人気が高く、平成に入ってからも何度か採用されている絵柄です。

しかし、1948年切手趣味週間記念バージョンは特に名品とされています。

その理由は「取引高税印紙」と呼ばれる高額印紙の目打ち型を流用しており、切手としては非常に珍しい縦長の大判サイズになっているから。

そして、見返り美人切手の発行部数は150万枚。

発行部数としては多いと感じるが、なにせ70年以上も前の切手です。

発売当時はあっという間に売り切れるほどの人気で、現在でも切手収集家にとって憧れのプレミア切手として知られています。

現状の買取価格は非常に高額で、汚れやシミの少ない美品ならかなりの高値買い取りが期待できるでしょう。

お手元にあれば、シミや色あせがつかないよう、なるべく綺麗に保存しておくと良いでしょう。

切手趣味週間 1991 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1991 みかえりびじん)

切手趣味週間 1991 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1991 みかえりびじん) 相場価格1〜499円
切手額面62円(50円〜99円
デザイン縦型その他の色人物
発行年度1991年(1990年代

「見返り美人」の切手は、別名「浮世絵の祖」としても有名な、江戸時代を代表する有名な画家、「菱川師宣」が描いた”見返り美人図”が図柄になっています。

この絵柄の切手と言うと1948年に発行されたものが有名ですが、こちらで紹介するのは平成3年に発行されたものになります。

1948年の発行当時は、浮世絵が切手の題材になることがとても珍しく、図柄が美しいこともあって、国内だけでなく外国からも脚光を浴びた切手だったそうです。

小さな芸術品のようだと称されたこともある見返り美人切手は、はがきに貼って郵送してしまうと、途中で剥がされ盗まれてしまう、という噂が立つほど人気のある切手となりました。

印刷技術の発展によりフルカラーでの印刷が可能になり、原版そのままの繊細な色使いを再現した新バージョンの見返り美人切手。

名品と名高い大判の初代バージョンにも見劣りしないクオリティで現在でもコレクター間での売買が盛んに行われています。

買取価格はそれほど高額と言うわけではありませんが、比較的新しい切手ながらも額面以上の価値が付きやすい珍しい切手です。

シートでの買い取りなら査定額がアップするので、信頼できる鑑定士に依頼すると良いでしょう。

切手趣味週間 1959 浮世源氏八景(きってしゅみしゅうかん 1959 うきよげんじはっけい)

切手趣味週間 1959 浮世源氏八景(きってしゅみしゅうかん 1959 うきよげんじはっけい) 相場価格1〜499円
切手額面10円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1959年(1900年代

武家出身の浮世絵師である鳥文斎栄之(細田栄之)が描いた『浮世源氏八景』の一遍が採用された1959年の切手趣味週間記念切手です。

その出自を思わせる清楚な美人画が持ち味である彼の浮世絵。

中でも浮世源氏八景は公家や武家などの上流階級を思わせる文化がそこかしこに詰まっており、品のある作品に仕上がっています。

切手に採用された『幻落雁』は和歌をたしなむ二人の女性が描かれた一遍です。

こちらの古切手を売る場合、重要になってくるのは保存状態の良さ。

シートの場合はさらに相場が上がりやすいので、高額買取を希望であれば、日焼けやシミなどに気を付けた保管が大切になってきます。

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん)

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面1銭5厘、3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1906年(1900年代

正式名称を『日露戦争凱旋観兵式記念』とする戦争凱旋記念切手です。

菊花紋があしらわれた丸枠の中には陸軍の兵器が描かれており、当時の世相を反映させたデザインとなっています。

初めて記念印が使用された切手で、その価値は、

バラ切手単位:1.5銭は9000円、3銭は18000円程度

の買取価格が期待できる記念切手です。

価値のある切手ですので、売る場合もしっかりお店選びをしないと、損をしてしまう可能性がありますので、買取の際は専門店にご相談するのがポイントとなるでしょう。

日清戦争勝利 北白川宮(にっしんせんそうしょうり きたしらかわのみや)

日清戦争勝利 北白川宮(にっしんせんそうしょうり きたしらかわのみや) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン縦型人物
発行年度1896年(1890年代

日清戦争の勝利を記念して発行された切手で、肖像には今回ご紹介する北白川宮能久親王の他に有栖川宮熾仁親王が採用されています。

それまでの切手には凸版印刷の技術が使われていましたが、この切手には肖像の細かな表現を印刷するために初めて彫刻凹版の技術が使用されました。

現在の買取価格についてですが、2銭と5銭によってかなり大きな価格差が有ります。

また美品か並品かによっても大幅な価値の違いが出てくるので、お持ちの場合はシミやヨレ、湿気には気を付けた丁寧な保管を心がけましょう。

大正ご婚儀(たいしょうごこんぎ)

大正ご婚儀(たいしょうごこんぎ) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円
切手額面3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1900年(1900年代

大正婚儀記念切手は、大正天皇の皇太子時代の婚礼を記念して発行された記念切手です。

時代が1900年に入って初めての記念切手で、額面が3銭の一種類しかないので見分けがつきやすいです。

一枚の価値はバラ切手単位が4,500円位となりますが、大正婚儀記念切手のシートであれば30万円以上のが期待できるお宝です。

売却をお考えなら、古い切手の価値がわかる切手買取業者にご相談することをおすすめします。

明治銀婚(めいじぎんこん)

明治銀婚(めいじぎんこん) 相場価格1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面2銭、5銭(1銭〜99銭
デザイン横型動物
発行年度1894年(1890年代

『明治銀婚切手』は明治天皇・皇后の結婚25周年記念を祝って発行されたもので、日本国内では初の記念切手です。

赤一色刷りのものが2銭・青一色刷りのものが5銭で、絵柄はどちらも菊花紋章と鶴となっています。

100年以上も前の切手ということで未使用品や美品が少なく、状態の良いものの場合驚くような高値で売れることがあります。

5銭切手の方が価値が高いとされますが、2銭と5銭のセットならより高い買取価格が付くでしょう

記念切手の価値は基本的に古い方が高く、日本最古の記念切手、明治天皇銀婚も高い価値があります。

バラ切手単位:2銭で8000円、5銭で16000円程

の価値が見込めます。

買取価格は価値と比例しますので、シートでなくバラ切手でこの価格は記念切手の中でも高くなります。

保管状態も普段から気に留めておけば評価UPにつながりますので、丁寧に保存すると良いでしょう。

第一次国宝シリーズ 秋冬山水図(だいいちじこくほうしりーず しゅうとうさんすいず)

第一次国宝シリーズ 秋冬山水図(だいいちじこくほうしりーず しゅうとうさんすいず) 相場価格1〜499円
切手額面50円(50円〜99円
デザイン縦型その他の色景色
発行年度1969年(1960年代

室町時代に活躍した水墨画家・雪舟の代表作『秋冬山水図』からの一枚。

こちらの作品は秋と冬の二幅から成り立っており、切手に採用されたものは冬の山景を見事に表した『冬景山水図』と呼ばれます。

雪深い断崖と山道を歩く人が水墨のみで巧みに表現された傑作です。

この切手が発行されたころの50円切手と言うと現在で言う200円程度の価値になります。

そのため出回った数が少なく、買取価格は他の国宝切手に比べるとやや高め。

美品の場合は切手買取に詳しい専門店で査定してもらうと、価値に見合った買い取り額を提示してもらいやすいです。

保管状態には気を付け、少しでも印象を良くする努力をすることが高額査定のコツになります。

第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう)

第一次国宝シリーズ 源頼朝像(だいいちじこくほうしりーず みなもとのよりともぞう) 相場価格1〜499円
切手額面15円(1円〜49円
デザイン縦型人物
発行年度1968年(1960年代

1967年から1969年にかけて発行された第一次国宝シリーズの一枚、京都の神護寺が所有する源頼朝像の切手です。

神護寺には伝源頼朝像・伝平重盛像・伝藤原光能像の『神護寺三像』と呼ばれる絹本著色像があります。

それぞれが国宝に指定されており、切手に採用された源頼朝像は所有先の京都国立博物館または神護寺で定期的に一般公開されています。

こちらは古切手の中では比較的ポピュラーなため買取額はごく平均的な価格になっています。

劣化の有無により買い取り査定額に違いが出てくるので、できるだけ丁寧な保管を心がけ、切手の価値を正確に評価してくれる切手買取専門店へ依頼するようにしましょう。


高価買取お急ぎください!!切手の買取価格を今だけ25%アップ中!◾️限定キャンペーン◾️
1 2 3 4 5 6 7 9
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ