発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 特殊切手

特殊切手

特殊切手
特殊切手とは、国家的な宣伝や文化財の紹介などのために発行される切手を指し、記念切手やシリーズものの切手がこれに該当します。日本郵便では、2106(平成28)年度の特殊切手として、「おもてなしの花シリーズ 第5弾」や「日本の城シリーズ 第6集」などの45種類の切手を発行する予定です。切手の買取市場では古い特殊切手が高値で取引されており、特に戦前の切手などは、非常に貴重な切手として切手の価値が高くなっています。もしも古い切手をお持ちでしたら、切手の相場を調べておくことをおすすめします。

特殊切手 一覧

文化人切手

文化人切手
文化人切手は、1949年から1952年にかけて発行された切手で、非常に切手の価値が高く、額面以上のプレミア価格で切手の買取がされてる切手です。文化人切手は18種類で、野口英世、福沢諭吉、夏目漱石、坪内逍遥、九代目団十郎、新島襄、狩野芳崖、内村鑑三、樋口一葉、森鴎外、正岡子規、菱田春草、西周、梅謙次郎、木村栄、新渡戸稲造、寺田寅彦、岡倉天の肖像が図柄となっています。文化人切手は、切手の買取市場は単品でも高値で買取されていますが、18種類が全てそろっているとさらにプレミアが付き、全種類そろった切手の相場価格は、状態のいいものですと20,000円程度になります。

国宝切手

国宝切手
国宝切手は、第1集が1967年から1969年にかけて発行されたコレクターの間で人気の高い切手です。第1集に含まれる切手の種類は 全22種で、飛鳥時代から江戸時代までの国宝がモチーフになっています。シリーズは第7集まであり、全てのシリーズをそろえるととても切手の価値が高くなります。もしも全シリーズをお持ちの方は、切手の買取相場を調べると驚かれるかもしれませんが、自分で調べるだけでなく1度専門の切手の買取業者に鑑定してもらうと、さらに驚かれることでしょう。

戦前の切手

戦前の切手
戦前の切手は、使用済みの切手でも価値が高いものが多く、未使用の切手ならば切手の取引相場価格が20,000円を超えるものも数多くあります。中でも特筆すべきは、「桜切手 和紙 政府印刷 二十銭」で、使用済みの切手にもかかわらず11,000,000円で売買されているほど、とても切手の価値が高い1品です。この桜切手シリーズは、切手の買取相場がシリーズを通して全体的に高値で推移していますので、お持ちの方は1度鑑定に出されることをおすすめします。

戦後の切手

戦後の切手
戦後の混乱・物資不足の中、GHQ占領下で新たな切手発行が始まりました。 平和の新時代にふさわしく、力強い絵柄が多く採用されています。 第1次新昭和切手が発行されたのは昭和21年(1946年)8月1日、切手面の国名はそれまでの「大日本帝国郵便」から新たに「日本郵便」に変更されました。

その他記念切手

その他記念切手
1894年(明治27年)の「明治銀婚記念」を皮切りに、様々な記念切手が発行されてきました。記念切手の花形ともいえる「切手趣味週間」「国際文通週間」をはじめ、大型シリーズも多いですが、ここでは大型シリーズでないものを集めました。プレミア切手と呼ばれるものも多く、状態や発行年度による仕様差などにより相場価格の開きがかなり大きくなっています。古い切手は紙の質が良くないものも多いので、きちんとファイリングするなど、注意深く保管しましょう。

桜切手

桜切手
明治5年から竜切手に変わり登場した通称「桜切手」。発行時期により、少しずつ仕様が異なっており、額面も半銭・1銭・2銭・4銭・10銭・20銭・30銭と多いため、知識がなければ見分けるのは難しいでしょう。桜切手の中でも発行枚数にばらつきがあり、希少性の高いものは使用済みのものであってもかなりの高額買取価格が付きます。特に高額面で流通量の少ない20銭/30銭切手は僅少ながらも行方知れずのものがほとんど。中でも特に出回った数が少ない政府印刷製のものは数千万円以上の買値が付くことも。未使用品が出れば1億円を超える価格で売れるとも言われている、夢のような超プレミア切手です。

観光地百選

観光地百選
観光地百選シリーズは、昭和26年から28年にかけて、風景をモチーフにして発行された切手シリーズです。観光事業の宣伝を目的として発行され、新聞社が行った国民投票により図柄が決定されました。美しい風景の図柄は、当時の人々の心を和ませ、収集家が増えるきっかけにもなりました。
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ