発見!!身近なところにプレミアム切手!いろんな角度から切手を検索しよう

その切手、価値あるモノかもしれません! - 切手の種類一覧表
HOME > 500〜999円

500〜999円

相場価格が500〜999円の切手の一覧です。発行枚数や現存枚数の多いものが多く、価値・買取価格はそれほど高いとは言えませんが、比較的手に入りやすいためお持ちの方も多いのではないでしょうか。この相場のものでも、条件によってはプレミアがつくものもありますので、買取に出す際にはきちんと価値のわかる業者を選ぶことが重要です。

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ)

国際文通週間 1996 四季草花図小屏風 グリーティング 2種連刷(しきそうかずしょうびょうぶ) 相場価格1〜499円500〜999円
切手額面90円、110円、130円(50円〜99円100円〜499円
デザイン横型人物植物景色
発行年度平成8年 1996年(1990年代

尾形光琳作『四季草花図小屏風』と葛飾北斎作『冨嶽三十六景』の二種連刷グリーティング切手。それぞれ90円・110円・130円の3額面が発行されたため、平成8年の国際文通週間には実質6種類の記念切手が発行されていることになります。屏風の各曲を切り取った四季草花図と富士の雄大さが楽しめる冨嶽三十六景の対比が面白いシートです。これらの切手はどの額面も比較的高い価値での売買がされており、破れや劣化のないものなら額面以上の価格での買い取りが期待できるでしょう。

観光地百選シリーズ 箱根温泉(かんこうちひゃくせんしりーず はこねおんせん)

観光地百選シリーズ 箱根温泉(かんこうちひゃくせんしりーず はこねおんせん) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円
切手額面8円、24円(1円〜49円
デザイン縦型横型景色
発行年度昭和26年 1951年(1950年代

「観光地百選シリーズ」の一枚である箱根温泉の風景が描かれた切手です。一種類のカラーで印刷しているとは思えないほど、山々や空の濃淡が巧みに表現された図柄は非常に見事。この切手には8銭と24銭の2種類の額面が存在しますが、小額面である8銭の方が平均買取相場が高い珍しいパターンの一枚です。美品か並品かによって買い取り価格に大きな差が出てくるので、薄紙とファイルに挟み暗所で保存するなどの注意深い管理が売値を左右するでしょう。

観光地百選シリーズ 赤目四十八滝(かんこうちひゃくせんしりーず あかめしじゅうはちたき)

観光地百選シリーズ 赤目四十八滝(かんこうちひゃくせんしりーず あかめしじゅうはちたき) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円
切手額面8円、24円(1円〜49円
デザイン縦型横型景色
発行年度昭和26年 1951年(1950年代

三重県名張市に位置する赤目四十八滝の風景が描かれた「観光地百選シリーズ」の一枚。白地に単色刷りと言うシンプルな色合いながらも風景の繊細なニュアンスがよく表されている美しい逸品です。こちらの切手シリーズは同じモチーフの異なる図柄を2種類の額面におさめるというユニークな試みがなされており、赤目四十八滝にも8円/24円の2つの額面が存在します。どちらも戦後の切手としてはそこそこ高額な部類になるため、買取を考えている場合はシミや汚れに注意した丁寧な保管を心がけましょう。

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん)

全国科学大会 1978年(ぜんこくかがくたいかい 1978ねん) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円
切手額面8元(その他
デザイン縦型その他の色その他のモチーフ
発行年度昭和58年 1978年(1970年代

文化大革命後に初めて行われた全国科学大会(1978.3)を記念して製造された「全国科学大会記念切手(J25)」です。会議のマークや原子力マークが使用されたデザインになっており、全3種類が発行されました。こちらの切手は単片の場合は数100円程度の買取額しかつきませんが、3枚セットの小型シートになった途端に希少価値が上がり大変なプレミア切手として扱われます。また初日カバー(切手発行日当日の消印)が付いた物の場合はこれにプラス1万円程度の価値が付加されます。

天安門図東北貼用(てんあんもんずとうほくちょうよう)

天安門図東北貼用(てんあんもんずとうほくちょうよう) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面250元、500元、1000元、2000元、2500元、5000元、10000元、12500元、20000元、30000元、100000元(その他
デザイン縦型その他の色建物
発行年度1950年~1951年(1950年代

今回ご紹介するのは1950年に発行された天安門図東北貼用です。当時の中国・東北地域には独自通貨が流通しており、他の地域への郵送を行う際には“東北貼用”と呼ばれる特殊な切手を貼ることが求められました。単片のものは多く流通しているこちらの切手ですが、全種(第1版は10種/第2版は12種)揃ったものは非常に珍しく大変高い買取相場での売買が行われています。額面が多岐に渡るためコンプリート収集が大変なシリーズの一つですが、その分プレミア価値が高いアイテムです。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう(しょうねんたちよこどものときからかがくをあいそう)

少年たちよ子供の時から科学を愛そう(しょうねんたちよこどものときからかがくをあいそう) 相場価格500〜999円
切手額面2元、8元、60元(その他
デザイン横型人物
発行年度昭和54年 1975年(1970年代

「少年たちよ、子供のときから科学を愛そう」切手です(T41m)。天体観測や実験、蝶の観察などに励む子供のイラストが描かれたかわいらしい図柄です。この切手には小型シートタイプ(2元)と6種セット(8元5種/60元1種)のシリーズが存在し、小型シートタイプのものは特に出回っている数が少ない非常にレアな逸品です。そのため日本での平均相場が定まっておらず、市場にもほとんど出ることがありません。その分、買取相場は非常に高いものになることが予想できる1枚です。

牡丹(ぼたん)

牡丹(ぼたん) 相場価格1〜499円500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円50,000〜99,999円100,000〜499,999円
切手額面4元、8元、10元、20元、43元、52元(その他
デザイン縦型植物
発行年度昭和39年 1964年(1960年代

大輪の牡丹の花をモチーフにした中国らしい切手シリーズです(特61)。通常シリーズは4元が2種・8元が5種・10元が5種・20元が1種・43元が1種・52元が1種の計15種、さらに小型シートが1種類存在します。非常に美しい図柄のため収集家からの人気も高い逸品で、特に小型シートは入手困難な希少品のため、1枚で10万を超す価格で売買されることもあります。通常切手の方も安定した価格を推移しており、20枚セットでの買い取りの場合はかなりの高値がつくプレミア切手です。

切手趣味週間 1949 月に雁(きってしゅみしゅうかん 1949 つきにがん)

切手趣味週間 1949 月に雁(きってしゅみしゅうかん 1949 つきにがん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面8円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色動物
発行年度1949年(1940年代

コレクターなら誰もが欲しがる代表的なプレミア切手と言える『月に雁』の切手。歌川広重の躍動感ある筆致を活かした絵柄が、当時としては非常に珍しかった大判切手の中に大胆に配置されています。前年に発行された『見返り美人』と同じ高額取引高税印紙の目打ち型を使ったこちらの大型切手は、200万部と発行部数が少なく当時からかなりの価値が付いていたようです。現在でもかなりのプレミア価格が付いており、状態の良いものなら驚くような買い取り価格が付くことも。こう言った古切手を売りたいと考えている場合は保管状態の良し悪しにより買取額にかなり差が付くため、今一度保管方法のチェックをしてみることをオススメします。

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん)

切手趣味週間 1948 見返り美人(きってしゅみしゅうかん 1948 みかえりびじん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面5円(1円〜49円
デザイン縦型その他の色人物
発行年度1948年(1940年代

浮世絵師の確立者である菱川師宣の作品の中でも特に有名な一枚『見返り美人』が描かれた切手。師宣の見返り美人は非常に人気が高く平成に入ってからも何度か採用されている絵柄ですが、今回ご紹介する1948年切手趣味週間記念バージョンは特に名品とされています。その理由は取引高税印紙と呼ばれる高額印紙の目打ち型を流用しており、切手としては非常に珍しい縦長の大判サイズになっているから。発売当時はあっという間に売り切れるほどの人気で、現在でも切手収集家にとって憧れのプレミア切手として知られています。現状の買取価格は非常に高額で、汚れやシミの少ない美品ならかなりの高値買い取りが期待できるでしょう。

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん)

日露戦役凱旋(にちろせんえきがいせん) 相場価格500〜999円1,000〜9,999円10,000〜49,999円
切手額面1銭5厘、3銭(1銭〜99銭
デザイン縦型その他のモチーフ
発行年度1906年(1900年代

正式名称を『日露戦争凱旋観兵式記念』とする戦争凱旋記念切手です。菊花紋があしらわれた丸枠の中には陸軍の兵器が描かれており、当時の世相を反映させたデザインとなっています。また記念印が初めて使用された切手でもあり、現在もコレクター憧れの希少価値が高い逸品となっています。この切手には1.5銭と3銭の二種類の額面が有りますが、評価額は3銭の方が高く未使用美品の場合ですと2万円以上の買取価格が付く場合もあるプレミア切手です。

1 2 3 4
いらない切手を買取業者に売ってみた。 知って得する切手の豆知識
ページTOPへ